【最大50%OFF】3連泊以上で、夏休みにもお得な車はこちら!
【初心者向け】仲間4人で、Carstayおすすめプランを実際に体験してみた!キャンピングカー「アンソニーA to Z」とキャンプ場「IZUMI RESORT」の魅力(後編)
【初心者向け】仲間4人で、Carstayおすすめプランを実際に体験してみた!キャンピングカー「アンソニーA to Z」とキャンプ場「IZUMI RESORT」の魅力(後編)

【初心者向け】仲間4人で、Carstayおすすめプランを実際に体験してみた!キャンピングカー「アンソニーA to Z」とキャンプ場「IZUMI RESORT」の魅力(後編)

Twitter ID : @tomoko_kamimura

Carstayでデザイナーをしています、Tomokoです。この記事は、「【初心者向け】仲間4人で、Carstayおすすめプランを実際に体験してみた!キャンピングカー「アンソニーA to Z」とキャンプ場「IZUMI RESORT」の魅力(前編)」の後編です。是非、こちらの記事からお読み下さいませ!


疲れゼロ!快適な車中泊のために

今回は、キャンピングカー「ボンゴ A to Z アンソニー」の車内で、大人4名が十分に寝るスペースがあったので、車中泊に挑戦しました。初めての車中泊でしたが、終始熟睡することができて、旅の疲れを取ることが取れました。


ここの部分を「バンクベッド」といいます

就寝スペースは、運転席の上にあるリーゼント部分のバンクベッドに2名、後部の2段ベッドにて2名、それぞれ寝ましたが、広々していて快適でした。テーブルと椅子部分を解体してフルフラットにすることもできるので、最大で大人6名が寝ることができます。


©️ Mana Hanno


キャンピングカーのマットレスは、当初は硬いかも...?と思っていたのですが、実際に寝てみると、意外とやわらかく、タオルや薄手の布団などを敷いて、そのまま寝ても大丈夫でした。もし、普段からやわらかいマットで寝ている方は、エアマットやシュラフなどを持参することを推奨します。

 

なお、キャンピングカーの付属品でない、「枕」はあった方が疲れないと思いますので、小さくて軽いクッションや携帯用の枕などの持参をおすすめします!

屋根についている扇風機を「マックスファン」といいます

そして、寝るときの室内の温度ですが、こちらのキャンピングカーには家庭用エアコンはついていなかったので、車両に備え付けのマックスファンと網戸で換気し、持参した家庭用のサーキュレータを使用することで、涼しく、寝苦しくなく過ごすことができました。



また、この日は雨が降りましたが、こちらのキャンピングカーは防音性に優れていたので、雨の音も気にならずぐっすり寝ることができました!

お風呂やシャワー、トイレについて

「IZUMI RESORT」では、男女別に分かれた綺麗なシャワールーム、ゆったり洗顔や歯磨きできる洗面台、トイレを利用することができ、タオルやドライヤーなどのアメニティも充実しています!キャンプ場での衛生面などが気になる方にもオススメです。


なお、現在は感染症対策のため利用できませんが、なんと温泉もついているので、温泉とキャンプがセットで楽しめて最高ですね!次回はリベンジしたいです。



しかし、実は今回、熟睡してしまったので、シャワーを利用するタイミングを失ってしまいました(笑)


そこで、帰り道、熱海温泉の「ATAMI BAY RESORT KORAKUEN」のスパ「Fuua」でゆっくりお湯につかりました。なんとこの温泉、インフィニティ温泉という、露天風呂が海とつながっているような絶景を楽しむことができます。


©️ ATAMI BAY RESORT KORAKUEN

「ATAMI BAY RESORT KORAKUEN」の駐車場は、キャンピングカーが入ることができ、マッサージチェアや岩盤浴、レストランなどの施設も充実しており、1日中過ごすことが出来る、とても心地よい空間でした。


< ATAMI BAY RESORT KORAKUEN >

・住所:〒413-0023 静岡県熱海市和田浜南町10-1694-29

・営業時間:10:00~22:00

天候に左右されない!伊豆の観光を楽しむ方法

©️ Mana Hanno


当初は、釣りをしようと計画していましたが、実際には、晴れたり曇ったり雨が降ったり霧に覆われたり、とにかく読めない天気だったので、天候に左右されずに楽しめる場所として、前述の熱海温泉「Fuua」や、「伊豆シャボテン公園」に行きました。


©️ Mana Hanno

伊豆シャボテン公園は、大室山の麓にある動物園で、小型の動物たちと触れ合うことができるのが特徴です。


©️ Mana Hanno


ほぼ放し飼いで、のんびり生きる動物たちを近くで見ることができ、大変癒されました。


©️ Mana Hanno


また、時々晴れた瞬間は、海沿いをドライブしているだけでも伊豆のリゾート気分を味わうことができ、楽しくて風も気持ちよかったです*



ちなみに、もし、急な天候悪化で予定していた場所に行けなくても、キャンピングカーの中では雨でも部屋の中にいるように過ごせるので、車内でボードゲームや雑談を楽しむのもありだと思います!


< 伊豆シャボテン公園 >

・住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13

・営業時間:9:30~17:00

まとめ:キャンピングカーの旅、初めてでも本格的に楽しめた!

キャンピングカーでの旅は、慣れないことや不安なこともありましたが、仲間と事前にオンラインチャットで計画したときのワクワクした気持ち、なんとかなるさと相談しながら気長に乗り切れたこと、キャンピングカーに乗って話しながら目的地に向かうとき絶景をみたときの感動、温泉でリラックスしたとき、準備したご飯をやっと食べたときの美味しさ(笑)など、どの瞬間も忘れられない時間になりました!


©️ Mana Hanno


キャンピングカーに乗って、キャンプ、車中泊を少しでもしてみたいと思ったら、ぜひCarstayのサービス「バンシェア」「カーステイ」で車や場所を利用してみてください!


また、行ってみたいけれど、場所や車決めなどに迷っている方は、特集ページ「はじめてのVANLIFE!Carstayがオススメする、1泊2日のキャンピングカー旅プラン4選(関東編)」を覗いてみることをオススメします。仲間でワイワイ行けるプランもあれば、カップル向けやファミリー向けのプランなどもご用意していますので、ご興味ある方はぜひ!


今後も、バンライフ初心者の方向けに役立つ情報を発信していきますので、また紹介させてください!では!

この記事で紹介した車/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

この記事をシェアする

Twitter ID : @tomoko_kamimura

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device