【10/1〜2/28の期間限定】ワクチン接種&予約で、Amazonギフト券最大5,000円プレゼント!
女子大生、車に住みます!大学生でもバンライフはできるのか検証開始!
女子大生、車に住みます!大学生でもバンライフはできるのか検証開始!

女子大生、車に住みます!大学生でもバンライフはできるのか検証開始!

昭和女子大学の4年生。専門は中国語。コロナ禍で大学の授業がオンラインになり、軽バンを借りて、授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。1年後、ハイエースをかりて、またオンライン授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。現在は、現役大学生が本格バンライフをする「大学生×バンライフ」のための準備中。

VANLIFE JAPAN読者のみなさま、はじめまして。現役大学生のメイです!

2021年11月から「Carstay次世代バンライフ・アンバサダー」の初代アンバサダーに就任し、バンライフの魅力を若い世代にも広めていく活動をしています。


これから、ライターとしてバンライフの魅力についての記事を書くわけですが…

バンライフの魅力をお伝えするのはもちろん、読んでくださる方がちょっとでも明るい気持ちになれるような、ワクワクいっぱいの記事を書いていきたいと考えています。大学生の私が今後どのような進路を進んでいくのか、何にどう挑戦していくのか、ぜひその成長の過程もお楽しみください!



今回の記事は、以下の内容です。


  1. 自己紹介|初めまして、メイです!
  2. どんな大学生?
  3. バンライフ歴は?
  4. 就活はしないの?
  5. 私の挑戦|大学に通いながら、1年間のバンライフに挑戦!
  6. クラウドファンディングの概要
  7. 目標実現のための3つの活動
  8. 旅も、暮らしも、学業も。
  9. これから|女子大生ならではの視点で
  10. 今後の執筆活動について


内容にご興味をもっていただけたら、「こんな女子大生がいたよ〜」と記事をシェアしてくださると嬉しいです!

自己紹介|初めまして、メイです!

改めまして、メイです!漢字は芽依ですが、よく間違われるのでもうカタカナで通しています(笑)

呼び名は、メイ、メイちゃん、メイさんなど、そのままが多いです。

2000年3月21日生まれ、好きな食べ物はタコです。いつか素潜りで自分で獲ったタコでたこ焼きがしたい!

どんな大学生?

現在、東京の昭和女子大学に通う大学4年生で、専門は中国語です。

中国の上海交通大学という大学に2年間留学(半年現地+1年半オンライン)をしていました!

そのため、大学生活は計5年間あります。


新潟県の海沿いで


女子大生、車に住む。というチャンネル名で、YouTubeやTikTokをやっています!

女子大生が「大学生×バンライフ」を実現するまでと、その後の様子を動画で発信していきます。

自らが旅や挑戦を通して学びを得ていく姿をお届けするのはもちろん、バンライファーの密着ドキュメンタリーシリーズも制作していく予定です。


人の心が動くときはいつもそこに人の存在がある。

夢や感動、勇気をお届けできる動画を制作していきます!


三重県の海で


旅が大好きです!

普段出会うことのない人と出会い、その人の今までのストーリーを聞くと、そこにはいつも学びがあったり、影響を受けたり、また新しいアイディアが生まれたり、そして何かに挑戦してみたくなったり…。

自分の人生に鮮やかな彩りを加えてくれる、そんな旅が大好きです。

ヒッチハイクやバンライフ、バックパッカーなど、いろいろな方法で旅をしています。

バンライフ歴は?

1か月間のバンライフを2回したことがあります!


車内は散らかっています笑


1回目のバンライフは、軽バンを約6万円でレンタルし、日本各地を旅をしました!

さまざまな絶景ポイントで車を停め、時間になったらPCを開き、絶景をバックに大学のオンライン授業を受ける。

そんな暮らしを1か月間くらいしていました。


タビワライフさんと

2回目のバンライフは、2021年10月!これも1か月間行いました。

クラウドファンディングをしたタビワライフさんからバンを1か月お借りし、日本海川沿いをバンライフで旅しました!

今回も大学のオンライン授業を受けながらのバンライフです。


バンライフデビューからまだ1年しか経っていませんが、すっかりバンライフにハマってしまいました(笑)


▼タビワライフさんがこれまでに書いた記事はこちらから


就活はどうするの?

大学は5年間あるので、大学4年生の今年、いよいよ就活が始まります!

なのですが、就活は、、、?


しません!


今のところ就活をする予定はありません。

もともとは貿易会社に就職しようと考えていたのですが「それって本当に自分のやりたいこと?」自問自答したとき、「いや、違う」という答えになりました。


「就活をする予定はなくて…」というと、世間では白い目を向けられがちです。

でも、私にとっては有名企業に就職することが必ずしも幸せに直結するわけではないし、たとえ就職をしないで追いかけた夢がうまくいかなかったとしても、それは決して失敗なんかではなく、経験という名のまぎれもない「財産」。そう言い聞かせて、今はひたすら前だけを見て走る毎日です。


がむしゃらに頑張る姿が誰かの励みになれば嬉しいなぁと思い、最近はSNSでキラキラしていない部分も発信するようになりました。


卒業まであと1年半。自分の車でバンライフの夢を叶えるため日々奮闘中です!

私の挑戦|大学に通いながら、1年間のバンライフに挑戦!

では、具体的にどんなバンライフの活動をしているかちょっと紹介させてください。


「#VANLIFE」の画像はインスグラムで1000万件を超えた


私が高校1年生のとき、インスタグラムで「#VANLIFE(ハッシュタグ バンライフ)」というバンライフムーブメントが起こり始めました。当時の私は、何が起きていたかよくわかりませんでしたが「大自然の絶景の中に車を停めて、その車内で楽しそうに暮らしている」、そんな画像をたくさん見ました。どの人もとても楽しそうで、キラキラしていて、「なんだこの生活は!私もいつかやってみたい!」と、胸が高鳴ったのを覚えています。


ただ「いつかやりたい!」と言い続け、早6年。気づけば就活の年になってしまいました。

就活がすぐそこまで迫り、今後の人生を考えたとき、ふと「いつかって、いつだろう…」と思いました。


正直なところ、なんとなく「バンライフは、大人がやるもの」と思っていました。


というのも、都内の若者で車を持っている人なんてまれだし、そもそもキャンピングカーを所有しているのは、大体50代〜シニア世代の人たちというイメージ。女性がキャンピングカーに乗っているのもほとんど見たことがありませんでした。

だから、「自分がバンライフできるのはまだまだ先。いつか大人になったときなんだろうな〜」と思っていました。


そんなとき「このままだとバンライフが理想で終わってしまう」「いつかはきっと来ない。だったら今やろう!」と思い、車に本格的に住むことを決意。

バンライフをしながら、自分で自分のキャリアを作っていくことに決めました。


ただ、なんていったって、お金がない!知識もない!頼れる人もいない!

そこで始めたのが、クラウドファンディングでした。

クラウドファンディング|どんなプロジェクト?

クラウドファンディング


クラウドファンディングとは、群衆と資金調達を組み合わせた造語である。不特定多数の人が他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを意味する。ソーシャルファンディングとも呼ばれ、日本語では「クラファン」と略されることもある。(引用:Wikipedia)

本プロジェクトは、女子大生が車をキャンピングカーへと改造し、その車の中に住みながら、大学の授業も受け、場所に縛られることなく大学生活最後の1年間を送る、という挑戦です。3つの活動を軸に「やりたいことに年齢も性別も関係ない」というメッセージを発信していきます。


現在は、大変ありがたいことに、支援総額が目標金額の80万円を超え、ネクストゴール、目標金額130万円へと挑戦しているところです!(2021年11月20日現在)

集まった資金は、車の内装の制作費用等に使わせていただきます!(詳細はプロジェクトページにて)

車体自体は、アルバイトで貯めた自己資金で購入しました。日産キャラバンのE25です!

今はまだ福祉車両のままなので、これから改造していきます。


購入した車


車の制作は2022年4月までの完成を予定しており、車が完成したらCarstay協賛の完成披露パーティーも行う予定です!

完成したキャンピングカーの紹介はもちろん、キャンピングカー制作にあたってのトークショー、質問コーナーもございますので、バンライフのことはなんでも質問してください!

こちらの完成披露パーティーのチケットは、4,000円分のご支援の「リターン」としてプロジェクトページから入手が可能です。

目標実現のための3つの活動

石川県で


車が完成したら、いよいよ車に住みます!

しかし、「バンを改造して終わり」ということにはなりません。

 

若い世代に、バンライフという選択肢をもっと知ってほしい。

なぜならバンライフは「自分らしくいられるライフスタイル」だから。

この情報多き複雑な時代を生きる、多くの若者がこのライフスタイル共感するはずだと考えています。


この目標を実現するために、完成したバンを利用した3つの活動を予定しています。

 

  1. オリジナルバンの制作過程と、その後の「大学生活×バンライフ」の様子をSNSで発信
  2. 完成したバンで「あなたに」バンライフを体験してもらう仕組み。
  3. バンライフをしている「バンライファー」を密着したドキュメンタリー動画の制作


詳しくは、プロジェクトページにさらに詳しく綴っているので、ぜひ遊びに来てください^^

旅も、暮らしも、学業も。

北海道にて

今回、大学に通いながら1年間のバンライフをするわけですが、実際にどうやって「大学生×バンライフ」を実現していくのかというと、、、


大学が東京都の三軒茶屋にあるので、世田谷エリアの駐車場に住みます(笑)

私の通う大学は、そもそも車での通学が禁止なので、大学に車が駐車できないのです…。

トイレやシャワーは、24時間営業のジムの会員になろうかな、と考えています!

「バンライフ×ジム」はとても海外では相性が良いらしく、ジムの会員契約をしている人が結構多いですよね。


実は、プロジェクトを始めた当初は、「この先もしばらくオンライン授業が続くだろう」と考えていました。

しかし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が明けると、まさかの対面授業へ全面的に切り替えるとのこと!

これは全く考えてもみなかったことなので予想外でしたが、もうやるしかないので…都会バンライフを楽しみたいと思います(笑)

これはこれで、バンライフの新しい可能性が何か見つかるかもしれない!ちょっと楽しみでもあります。

これから|女子大生ならではの視点で

ざっとプロジェクトの説明をさせていただきましたが、正直なところ、どんなバンライフになるかは私もまだ想像がつかないです。

住んでいい駐車場が見つかるかも、そもそも4月までにDIY完成するかも、あとは書類とか?色々心配なことだらけですが…

トラブルやハプニングも含めて、「大学生×バンライフ」の検証レポートをしていきますので、乞うご期待!

今後の執筆活動について

今後の執筆活動については、私の活動もレポートしつつ、バンライフの可能生を探る企画だったり、いろんなバンライフストーリー・バンライフスタイルのにご紹介できたら面白いかなと思っています!

至らない点もあると思いますが、これからどうぞよろしくお願いいたします!


それでは、また次回の記事でお会いしましょう~!

この記事で紹介したキャンピングカー/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

動画で楽しむ

この記事をシェアする

昭和女子大学の4年生。専門は中国語。コロナ禍で大学の授業がオンラインになり、軽バンを借りて、授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。1年後、ハイエースをかりて、またオンライン授業を受けながら1ヶ月間のバンライフを経験。現在は、現役大学生が本格バンライフをする「大学生×バンライフ」のための準備中。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device