鹿島槍スキー場キャンプカーサイト

長野県/大町市平
受け付け場場所、鹿島槍スキー場フロント
キャンプカーサイト場所露店風呂ありフロントにてお問い合わせください
すべての写真を見る

ステーションの魅力
キャンピングカー用電源付き駐車場です。 白馬山麓・鹿島槍ヶ岳を拝めれる絶景が広がるスキー場です。 スキー場からは青木湖も見下ろせます。 季節に応じたきれいな景色が楽しめます。

基本設備
※現地にて現金で利用可能な設備も含まれています
24時間使用可能なトイレ
水道
フリーWiFi
公園
ペット可
喫煙所
自動販売機
コインラインドリー
ダンプステーション
防犯カメラ
EV充電スタンド

追加料金設備
AC電源
¥0/
有料WiFi
なし
有料シャワー
なし
温泉(大人)
¥600/
温泉(子供)
¥400/
ゴミ処理
なし
ドッグラン
なし
調理・テント泊可
なし
テントレンタル(2-3人用)
なし
テントレンタル(4-5人用)
なし
BBQ設備一式レンタル
なし

周辺施設
コンビニ
なし
スーパーマーケット
なし
ガソリンスタンド
なし
レストラン
なし
24時間使用可能なトイレ
鹿島槍スキー場アルペンイン1130 (200m)
温泉
アルペンイン1130 (200m)

駐車スペース
最大台車
1台
1台あたりの駐車スペース高さ
制限なし
1台あたりの駐車スペース幅
3m
1台あたりの駐車スペース長さ
5m
※参考車種サイズ表はこちら

備考・その他ご要望
有料設備ご利用の際は、チェックインを17時までです。 最終日のチェックアウトは17時までお止めいただくことが可能です。 受付はセントラルプラザ1130フロントまでお越しください。

キャンセル期限
2日前の17時(日本の時間)
キャンセル期限以降にキャンセルする場合、キャンセル手数料として駐車料金を全額負担となります。 詳しくはこちら

住所
398-0001
長野県大町市平20490-4鹿島槍スキー場フロント受付

レビュー
レビューがまだ掲載されていません

¥3,000

/1泊
3.00
0

チェックイン
チェックアウト
YYYY/mm/dd
YYYY/mm/dd
予約する
周辺のステーション
駐車場
ステーション入口の写真
鹿島槍スキー場
1泊あたり¥1,500
3.00
0
駐車場
湯けむり屋敷 薬師の湯
駐車場
ステーション入口の写真
高山寺
1泊あたり¥1,500
3.00
0
駐車場
ステーション入口の写真
フルプロ農園
1泊あたり¥500
3.00
0
駐車場
ペット同伴車中泊スペースあり
人気のステーション
駐車場
ステーション入口の写真
The Old Bus
1泊あたり¥4,500
5.00
2
駐車場
ステーション入口の写真
駐車場
ステーション入口の写真
GGOGGOレンタカー
1泊あたり¥3,000
5.00
1
駐車場
高台にあるガーデンに通じるスロープの入り口です。
駐車場
ステーション入口の写真
駐車場
ステーション入口の写真
Co-Re!House in 酒々井
1泊あたり¥1,500
5.00
1
駐車場
ステーション入口の写真
SORAUMI
1泊あたり¥1,100
5.00
1
体験
体験概要の写真
初めての皇居ラン
1人あたり¥2,500
5.00
1
駐車場
ステーション入口の写真
駐車場
ステーション入口の写真
RVパーク 道の駅こすげ
1泊あたり¥3,500
5.00
1
駐車場
ステーション入口の写真
RVパーク みうら
1泊あたり¥3,000
5.00
1
駐車場
ステーション入口の写真
駐車場こしの1
1泊あたり¥1,000
4.00
1
駐車場
店舗外観
湯花楽秦野店
1泊あたり¥2,160
3.00
0
駐車場
平田ショッピングセンターViVA入口
体験
お子さまもご参加いただけます。
周辺ドライブスポット
絶景
白馬大雪渓
白馬村に位置し、全長3.5km標高差600mある、国内最大規模の日本三大雪渓の1つです。白馬岳と杓子岳により形成される谷にあり、登山口の猿倉から大雪渓までは遊歩道のため、約1時間半で到着できるためハイキングを楽しめます。
絶景
みくりが池
立山火山の活動で形成された立山室堂平にある、標高2,405 mに位置する火口湖です。立山信仰の中で「神の厨房」という意味を持ち、この池の水が立山権現に捧げられ、山岳修験者にとっては神水とされていました。
絶景
雪の大谷
立山黒部アルペンルートにある雪の双璧です。豪雪地帯である富山の雪を毎年3月頃に除雪することで、4月から5月にかけて、15メートルから20メートルの雪の壁の絶景を目の当たりにすることができます。
絶景
称名滝
立山連峰を源流とする、日本一の落差350mを誇る大瀑布です。名称は、法然という僧侶が滝の轟音を「南無阿弥陀仏」という称名念仏の声と聞いたことに由来します。
歴史
戸隠神社
紀元前210年前に創建された神社です。祭神を天手力雄命とし、霊山戸隠山の麓にて、奥社中社宝光社九頭龍社火之御子社の五社から形成されます。古来から修験道道場として栄え、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」とまでに言われました。善光寺とともに戦乱の舞台となりましたが、徳川家康の手厚い保護を受け、現在もその威厳を保っています。
温泉
戸倉上山田温泉
千曲川の河川敷にある温泉です。明治時代にオープンし、善光寺参りの精進落としの湯として賑わい、戦後間もないころは傷病兵の湯治場でした。総勢150名の芸妓が在籍しているとされ、射的場のある温泉街を形成していることが特徴です。
温泉
宇奈月温泉
黒部峡谷にある秘湯です。昭和天皇や与謝野晶子も訪れた、黒部川の渓谷沿いに栄えた温泉です。峡谷美を愛でる黒部峡谷鉄道のトロッコ観光の拠点でもあり、特に新緑紅葉シーズンには絶景を見に多くの観光客が訪れます。
絶景
槍ヶ岳
飛騨山脈南部に位置し、3180mと日本で5番目に高い山です。名前の如く天に槍を衝く形が特徴的な高山であり、その形から「日本のマッターホルン」とも言われます。雲海に浮かぶ朝日や夕日は絶景であり、多くの登山者の心を奪います。
歴史
善光寺
644年に創建されたと言われる無宗派の寺院です。日本最古の仏像である一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、親鸞一遍をはじめとする多くの僧侶が参拝に訪れました。戦国時代には武田信玄と上杉謙信の争いの舞台となりましたが、徳川家康の支援により復興を遂げ、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるほど今でも多くの人々の心の拠り所となっています。
絶景
涸沢カール
飛騨山脈南部にある、日本最大規模の氷河圏谷です。標高3000mの稜線である奥穂高岳と前穂高岳を、標高差1000mの絶壁が屏風のように立ちはだかります。近年は紅葉の名所としても有名であり、三段紅葉とも呼ばれる岩場と木々のコントラストが見られます。
絶景
上高地
飛騨山脈南部の標高1500mの景勝地です。梓川河童橋明神池岳沢湿原田代池等の多くの観光名所を持ち、国内ではこの高度に広がる平野は数少ないため、珍しい情景を観に多くの観光客で賑わっています。ニホンザルイワナゲンジボタルの生息地です。
歴史
松本城
1504年に小笠原氏により創建された城です。現存12天守に含まれる天守閣が存在することで有名で、天守が国宝指定された5城のうちの1つです。1590年に豊富秀吉の家臣であった石川数正が城主となり、主君への忠誠の証として、秀吉が好んだ漆黒に城を塗り替えたと言われ、今では「烏城」と呼ばれるまでに有名になりました。
絶景
いもり池
妙高高原池にある周囲500mほどの池です。昔はいもりが多く生息していたことからこの名がついたと言われます。晴れた日には標高2454mの妙高山を水面にくっきり映し出します。
温泉
奥飛騨温泉郷
奥飛騨にある秘湯です。北アルプスの懐に位置し、戦国時代には武田信玄に愛された、国内で3番目の豊富な湧出量を持つ温泉です。昔ながらの、無料で入浴可能な共同浴場、露天風呂が多く残っているのが特徴です。
絶景
美ヶ原高原
長野県中央部に位置する、標高2000mに位置する高原です。ビーナスラインと呼ばれる絶景街道を抜けた先に、この秘境はあります。北/南アルプス浅間山富士山も見渡せる360度の大パノラマが広がります。雲海や星空も幻想的で、多くの写真家を魅了しています。
温泉
白骨温泉
長野県西部の上高地付近にある秘湯です。昔から薬湯としての評価が高く、白骨の乳白色の湯に三日入ると三年は風邪を引かないと言われていました。秘湯らしいひっそりとした雰囲気の温泉街で、数件の旅館や食事処が点在しています。
温泉
渋温泉
横湯川沿いにある古湯です。1300年の歴史を持ち、戦国時代には武田信玄の隠し湯の1つで、川中島の戦いの際には兵士を療養させた場所として有名です。渋温泉の宿泊者には無料で外湯の鍵が貸し出され、苦(九)労を流すと言われる「九つの外湯めぐり」を楽しむことができます。
絶景
地獄谷野猿公苑
地獄谷温泉にある野猿公苑です。1964年に駆除されそうだった野猿を守るために開苑され、現在約150頭の野猿が生息しています。冬場に温泉に入るニホンザルの姿は「スノーモンキー」と呼ばれ、世界で1番有名な日本の温泉地です。
温泉
万座温泉
草津白根山山麓の標高1800mに位置する、日本最高所の温泉です。「空吹き」等の湯けむりが至る所で噴出しており、源泉地は地獄的な様相を見せ、硫黄の匂いが充満しています。冬は多くのスキー客で賑わいます。
絶景
湯釜
関東随一の活火山である草津白根山にある火口湖です。水に溶け込んでいる鉄イオンや硫黄などの影響で、湖水は白濁した青緑色をなしており、まるで異世界の景色のような絶景が人気の観光スポットとなっています。