【最大50%OFF】3連泊以上で、お得なレンタルキャンピングカーはこちら!
秋空の下、黄金色の田んぼにうっとり。埼玉県川島町をキャンピングカーで1日ドライブ!
秋空の下、黄金色の田んぼにうっとり。埼玉県川島町をキャンピングカーで1日ドライブ!

秋空の下、黄金色の田んぼにうっとり。埼玉県川島町をキャンピングカーで1日ドライブ!

Carstayメディア「VANLIFE JAPAN」編集長。サウナと温泉めぐりが週末の楽しみ。自然を感じられる空間が好き。

埼玉県の中央に位置する川島町(かわじままち)は、四方を川に囲まれている自然豊かなまち。今回、川島町に秋の景色を見に行こうと、Carstayのメンバー3人で東京からキャンピングカーに乗って日帰りドライブに行ってきました!

 

関東圏内のドライブや車中泊を考えているかた、秋のワーケーション候補先を探しているかた、ぜひご参考にしてみてください。

東京から約1時間。キャンピングカーで川島町に到着!

この日は東京・江戸川橋で、キャンピングカー「ボンゴ A to Z アンソニー」を借り、埼玉方面へ出発!

練馬ICから関越自動車道を通り圏央道を経由して、川島ICへ向かい、あっという間に1時間ほどで川島町に到着しました。


濃厚たまごのまぜそば


川島町に着いてからまず向かったのは地元で有名なラーメン屋さん「中華そば 四つ葉」!キャンピングカーを駐車できるのが嬉しいお店。メニューは「濃厚たまごのまぜそば」と「四つ葉そば」が人気で、遠方からも食べに来るラーメン通もいるそうです。


四つ葉そば


お店の外で食券を先に購入し、お店に入るときに店員さんへ食券を渡すスタイル。定番の四つ葉そばのスープは、地元の醤油をブレンドしたオリジナルスープで、細麺になじむ優しい味わいです。


< 中華そば 四つ葉 >

・住所:〒350-0158 埼玉県比企郡川島町大字伊草298

・営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00(定休日:火曜日)


そして、ラーメンでお腹を満たしてからは川島町役場に向かい、Carstayステーション「かわじまRVステーション」にキャンピングカーを停めました。今回は日帰りで利用させて頂きましたが、こちらは川島町で公式に車中泊が出来るスポットになっています。



この日は、川島町役場へお手洗い休憩に寄ったのですが、役場の入り口に川島町の観光スポットやイベントが紹介されているリーフレットやパンフレットがたくさん置いてあり、いくつかもらって近くの観光スポットをチェック。


川島町役場は町内の中心にあるので、行き先に迷った際はこの場所を拠点にしてから出発するのも良いかもしれません。

川島町の魅力を発信する「KJブランド」!

町役場でもらったリーフレットを見ると、Carstayステーション「かわじまRVステーション」から徒歩30秒の位置にカフェ「スマイルカフェ1/2」があることが判明。早速立ち寄ってみました!



スマイルカフェ1/2の店内に入ると、まず目に入ったのがこちらの「川島カレー」。パッケージのイラストで描かれているのは、なんとイチジク!実は、川島町はイチジクの特産地なんです。埼玉県内で一番の生産量を誇り、それもあって町内にはいたるところにイチジクの商品が並んでいます。



川島カレーは、地域の農家さんたちが育てたイチジクの風味や食感をカレーに生かしてみようという試みで、何度も改良を重ねて完成した商品なのだそう。そのストーリーを知ってから改めてこのパッケージを見ると、地元の人の想いをほんのちょっと感じられて、あたたかい気持ちになりました。


< スマイルカフェ1/2 >

・住所:〒350-0122 埼玉県比企郡川島町大字下八ツ林871-5

・営業時間:11:00~16:30(定休日:日曜日・月曜日)

秋空の下で川島町の自然に癒される

とても天気の良い日だったので、Smile Cafeでアイスコーヒーをテイクアウトしてからはお店の前に広がる「平成の森公園」の多目的広場で休むことにしました。秋晴れの空の下、広場一面に広がる芝生に思い切り寝転びました。気持ちが良い〜!!



ドッグランに来ていたワンちゃんたちも思い切り芝生を駆けていて楽しそう!この芝生もCarstayステーション「かわじまRVステーション」の目の前に広がっているので、ペットを連れてのキャンピングカー旅には最高の滞在スポットですね。



手入れされている芝生や周りの木々に囲まれたこの場所で朝を迎えるのはどんな感覚なんだろう…と、空を見上げながらしばし妄想にふけりました。さあ、コーヒー休憩を終えてドライブ再開!



…と、町役場を出発してすぐ、あたり一面田んぼの稲穂が輝く場所を発見。せっかくなので秋の雰囲気を感じるべく車を停めました。今日のPC仕事スポットはここに決定です!



黄金色の田んぼに囲まれた景色のなか、PCを開いてワーケーション。キャンピングカーの扉や窓を開けると稲穂の匂いとともに心地よい風が入ってきます。ぽかぽか陽気のなかで風を感じながら作業するこの心地よさ!これこそバンライフの醍醐味です。



日が傾いてきたタイミングでそろそろ移動することにして、町役場でもらったリーフレットを見ながら観光スポットを探しました。所要時間を確認して、次の目的地に出発〜!

金笛しょうゆパークでご当地おやつを堪能

次に向かった場所は2019年にオープンした「金笛(きんぶえ)しょうゆパーク」!

この場所は、230年以上続く笛木醤油という醤油蔵で、伝統的な木桶仕込みの醤油作りが今も続いています。



レストランや直売店のほか、工場見学施設「金笛しょうゆ楽校」では醤油の製造工程も学べます。醤油を使ったいろんなお土産に目移りしつつ、私たちはしょうゆソフトクリームをいただきました



川島町に到着してからというもの、なんだか食べたり飲んだりしてばかり(笑)

でも、ご当地のものを堪能する時間はやっぱり楽しくて、地域の歴史や特産品を知るきっかけになりますね。


< 金笛しょうゆパーク >

・住所:〒350-0152 埼玉県比企郡川島町大字上伊草658

・営業時間:10:00~17:00(定休日:なし)


しょうゆソフトクリームを食べ終わる頃には日の入りの時間に差し掛かり、キャンピングカーに戻って東京への帰路につきました。地元の美味しいものを食べたり、田んぼのど真ん中でPCを開いたり、川島町のやさしい自然に癒されながら過ごした1日でした。

季節ごとのアクティビティやイベントをぜひチェック!

埼玉県川島町には、今回ご紹介したスポット以外にも、田植えやイルミネーション、スカイダイビングなどの様々な季節の体験アクティビティがあるほか、ご当地グルメもたくさん!行かれる際は、ぜひ季節の催しや郷土料理を楽しんでみてくださいね。


>>> 川島町公式サイト

この記事で紹介した車/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

この記事をシェアする

Carstayメディア「VANLIFE JAPAN」編集長。サウナと温泉めぐりが週末の楽しみ。自然を感じられる空間が好き。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device