【最大50%OFF】3連泊以上で、夏休みにもお得な車はこちら!
女性が1人で車中泊!?女性でも安心・安全に車中泊を存分に楽しむテクニック
女性が1人で車中泊!?女性でも安心・安全に車中泊を存分に楽しむテクニック

女性が1人で車中泊!?女性でも安心・安全に車中泊を存分に楽しむテクニック

27才で車中泊旅を初体験、以降ハマる。Webマーケッター・ライターとして活躍し、"好きなときに、好きな場所で、旅するように暮らす"を目標に「VANガール」としてVANLIFEの魅力を発信中! Twitter: @VANGIRLJAPAN

週末バンライフを満喫中のVANガール・サカイカオリです!よく車中泊をするよーと友達に話すと「女性が車中泊なんて、危ないんじゃない?」と言われることが多いのですが、私は幸いにもまだ車中泊によるトラブルにはあった事はありません。とは言っても、以前の記事での車中泊初体験のときは、トラブルに遭ったらどうしよう…と怖かったのですが、女友達に教えてもらい、準備をしっかりして望めば安心して過ごすことができました。


特にキャンピングカー泊は自分の部屋みたいに快適に過ごせるので好きです(すっぴんでごめんなさい)


そこで、この記事では、私が車中泊を行う時に必ずしているルーティンをご紹介します。女性の方で、車中泊に興味がある方はぜひご一読下さいね!

女性が車中泊中にトラブルに巻き込まれないために、私がしている7つのこと

(1)なるべく一人で車中泊はしない

やはり、パートナー男性や女性の友だちと複数人で車中泊はした方がいいかと思います。女性が1人というより、複数人でいる方が、防犯上も安全ですからね。もし、1人で泊まる際は、ぬいぐるみを窓際に置くなどして、複数人でいるんだなと思わせるようにしています。


(2)シェード・カーテンを付けて、視界を遮る

寝るときは、周囲から中の様子が見えないようにシェードやカーテンを付けます。そうすると、外から中が見えない状態になるので、中に誰がいるかわからないので、安心です。また着替える際なども周りを気にしなくて済むので快適です。


(3)夜中のトイレ時はスマホを必ず持っていく

車中泊時に意外と危ないのがトイレです。一緒に泊まっている人がいれば、一緒に行くこともできますが、そうでない場合は、すぐに誰かに連絡できるように、スマホは持って行くといいかと思います。何か遭った場合に連絡できるように、緊急連絡の画面を開くなどしてもいいかもしれませんね。夜間の道は暗いことも多いので、懐中電灯代わりにもなります。


万が一、寝れないときもキャンピングカー泊なら仕事も捗ります


(4)車内のセキュリティ度を高める

車内が守られた空間になるように、これから紹介する3つは常日頃から実践しています。

①車内に入ったら全ての扉のロックをかける

②鍵はエンジンのところにかけっぱなしにしない。

③貴重品はすぐ取り出せる場所に置く&お金は2箇所に分けて保管

①のロックを掛けるはそもそもの侵入者を防ぐことができるほか、②・③は万が一、不審者が侵入して来ても、被害を最小限に済ませるための方法です。鍵を付けっ放しにすると車自体を盗難される恐れがあったり、金銭を分けて置くことで強盗が入ったときに全ての金銭物を盗まれるリスクが減ります。


(5)安全な場所で車中泊をする

「人から見えにくい隅では泊まらない方がいい。」「電灯など明るいところで車中泊をした方がいい。」と声が挙がるのですが、実際に道の駅や道端で車中泊をして被害に遭っても、保険は降りなかったり、なかなか助けてもらえないことってあると思います。その点、女性が車中泊をするときに絶対に、車中泊スペースとして利用した方がいいのがCarstay(カーステイ)です。Carstayは施設の空き駐車場を車中泊スペースとして貸し出しているケースが多く、近くにオーナーがいる安心があります。また、何かトラブルが遭って被害が遭っても、保険適用があるので適用範囲でリスクをカバーすることができます。


現在Carstayでは、全国120箇所で安心・安全に車中泊ができます


女性や車中泊の経験が浅い人は、このサービスで自らを事前に守っておく環境を作っておくことをオススメします!実際に、RVパークみうら伊豆海の森SMILE PARKINGRVパーク 道の駅こすげでは、それぞれ車中泊体験をして取材記事を書きましたので、ぜひ読んでみてくださいね♬


(6)信頼できる人と繋がっておくこと

もし女性一人で車中泊をする場合には、車中泊をする前に家族や信頼できる友人に車中泊をする旨と場所を伝えておくことをオススメします。また何かあった場合にもすぐに連絡できるように、充電バッテリーは持っていき、携帯の充電は常にフルの状態にしておくといいでしょう。この点、Carstayのステーションでは外部電源やWiFiを借りられる施設が多いので、さらに安心・快適ですね!


(7)自己防衛力&戦闘力を高める

最後は戦闘力です!いったい、何を言っているのかという話ですが、もし何かあった場合に機敏に行動できるように(実際はこの車中泊のためだけではないですが)、自分の身体は鍛えるようにしています!基礎体力をつけるためのトレーニングや狙ってくる相手から逃げるコツはイメージトレーニングしています。


逃げるときはこの子と一緒です(笑)

女性が快適に車中泊するためにすべき3つのこと

(1)冷え対策をしっかり行う

女性の身体は冷えやすいので、防寒着や防寒グッズは持っていくようにしましょう!私は冬に車中泊をする際は、厚手の靴下やパンツを持っていき、特に下半身が冷えないようにします。夜は特に、足元が冷えるんです。また、ホッカイロや湯たんぽを自宅から持っていって、万が一寒くなった時に暖まれるようにしています!

 

(2)アメニティグッズの整理整頓

夜間に荷物を取り出そうと思っても、暗くてなかなかお目当ての荷物を探すのが難しいのが車中泊です。そんな時、役立つのが整理整頓用のポーチです。綺麗に整頓するだけでなく、夜間も使うような物は、車内でも見えやすい所に置くことをオススメします。


(3)洗面所がある施設に泊まる

洗顔や化粧落としや歯磨き、メイク…女性はメンテナンスが大変です。だからこそ、清潔で心置きなく使える洗面台がある車中泊スポットで車中泊をすることをオススメします。Carstayには、RVパークみうら等の綺麗な洗面台があるスポットを複数ご用意しているので、是非ご参考にしてくださいね。


RVパークみうらの洗面所は本当に綺麗です


ここまで、私が車中泊をする際に気をつけていることをご紹介させていただきました♬

せっかくの車中泊旅ですもの、男性も女性も関係なく楽しみたいですよね。楽しい車中泊旅を実現するためにも、事前にできる自分を守るための準備をしっかりしておきましょう!あなたにとって楽しい車中泊旅ができることを祈っています!☆

 

*関連記事:

 




この記事で紹介した車/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

この記事をシェアする

27才で車中泊旅を初体験、以降ハマる。Webマーケッター・ライターとして活躍し、"好きなときに、好きな場所で、旅するように暮らす"を目標に「VANガール」としてVANLIFEの魅力を発信中! Twitter: @VANGIRLJAPAN

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device