バンライファーのおうち時間 #1|キャンピングカー夫婦がっちゃんむっちゃんは今、どう過ごしてる?
バンライファーのおうち時間 #1|キャンピングカー夫婦がっちゃんむっちゃんは今、どう過ごしてる?

バンライファーのおうち時間 #1|キャンピングカー夫婦がっちゃんむっちゃんは今、どう過ごしてる?

家を断捨離して、中古キャンピングカーでバンライフ&リモートワークをしながら日本一周をしています。

どうも、ガタガタGOGOむっちゃんです。タイトルにあるとおり、家を断捨離してしまった私達は、コロナ騒動の最中もキャンピングカーライフを続けております。

 

現在は友人宅の駐車場に停泊させてもらい、日本一周は中断。そんな私達の、旅をしないキャンピングカー内でのリアルな生活をご紹介させて頂きます!

朝はもはや目覚ましの意味なし…


コロナ騒動が騒がれ始めて間もない頃は、目覚ましが鳴ったら起きていました。やっぱり、そういうところを緩くすると、いくらでもグダグダしちゃいますからね。しっかりしないと。…という生活も1週間前に既に終わっており、ここ最近は目覚ましが鳴ってもなかなかベッドから起きる気がしません。


しかも、遮光バッチリのカーテンが完備されているのと、断熱材が使われたキャンピングカーのため暑い日も比較的遅くまで寝られちゃいます。これはキャンピングカーのメリットでもデメリットでもありますね!と、言い訳しながら、私は今日も遅くまでベッドでゴロゴロしています。

映えない朝ごはん


そんな目覚めなので、朝ごはんと昼ごはんを一緒に済ませる日も増えてきました。「頻繁には買い物に出られないし、1日3食→1日2食で節約にもなるじゃん♪」と言っちゃうあたり、ダメ嫁です。


でもね、旅をしていた日々は毎朝を違う場所で迎えて、窓の外を見ながら優雅(?)に朝食を楽しんでいたので、停泊中の窓の壁の景色はどうも味気なくて、気分が乗りません…。

お気に入りの飲み物片手にリモートワーク


ご飯を終えたらPCに向かいます。ここからしばらくリモートワークの時間です。現在は決まった仕事がなく、私はこうしてライターのお仕事をさせて頂いています。夫のがっちゃんはYouTubeの動画編集の担当です。リモートワークの時間は午前中、午後、夕方、夜と大まかに4回に分けています。


旅を始めてからPC作業をし始めたので、何をするにも調べてから物事進めることが多く、なかなか一度に集中してガッと作業出来ていませんでした。だから時間がたっぷりある今、PCに慣れようと必死です(笑)

ティータイムと映画鑑賞会


リモートワークの合間、作業にも飽きて程よくお腹が空いてきたらの休憩の時間です!長時間集中してPCに向かえたら良いのですが、これはお籠もり最初の1週間で断念しました。そんなにずっと集中出来ません(笑)


そこで息抜きと称したティータイムには、お気に入りの飲み物とちょっとしたお菓子を片手に、気になる映画を観ます。これは「YouTube編集などのアイディアのための視聴」と言いますが、ようは単純に興味から映画を観たいだけです。でもこの時間がなかったら、旅をしていない毎日がとても辛い時間のままでした。だから今は映画鑑賞もして、ちょっぴり贅沢な時間を過ごします。

お夕飯もやっぱり映えない

元々我が家の食卓には華も彩りもないのが特徴ですが、お籠もり生活が始まってから特にその傾向が色濃く出ています。買い物した日から数日はおかずもそれなりに並びますが、食料が寂しくなってくる頃には“お米とお味噌汁だけ”なんて日もあります。


私達は今、買い物は10日に1度程度に抑えています。収納が沢山あると思われるキャンピングカーと言えど、それにも限界があります。だから買い物前には味気ない食卓風景になります。それでも質素な食卓でもストレスを感じにくいのは、食事以外の時間で濃厚な生活が出来るようにしているからだと思います。

シャワー


食事も済んで落ち着いたら、シャワーをします。うちのキャンピングカーはシャワー・トイレ完備なので、車外施設に頼らずに生活出来ます。また常温水タンクの他に温水タンクもあるため、シャワー時に温かいお湯を使えます。


そして車内は全面カーテンつきなので、シャワーした後は周りの目を気にせず空のびのびと着替えが出来るのも強みです。シャワーを終えたらドライヤーも使えるので、もはや家と変わりませんね♪


ちなみにシャワー室は写真の鏡のついている扉の向こうになります。シャワー室のお話は、また別の機会にご紹介させて頂きますね!

就寝もまったりと

旅をしている時は翌日のスケジュールに合せて就寝時間も早いのですが、翌日に用事がない現在は時間をあまり意識せずに生活しています


よく仕事や勉強は午前中にすると効率が良いと言われていますが、私はその時の気分と体調によってはかどるタイミングに差があるので、ノリに乗ってライティングをしている時は時間を忘れてしまいます。そしてふと気付くと日付が変わってしまっている日もあります。



しかし、この時間を気にせず作業出来るのは、バンクベッドの存在です。バンクベッドはキャンピングカーの運転席の上に位置する部屋です。荷物置きにされている方も多くいらっしゃるようですが、うちはベッドとして活用しています。


このバンクベッドがとてもすぐれもので、他のメーカーのキャンピングカーはベッド展開(ベッドメイキング)が必要な車体が多い中、うちのキャンピングカーはベッド展開をせずにそのまま寝られます。このベッドの環境があるから「眠たければすぐ寝られる」と甘えられる存在となっています。


ベッド展開は週末や長期休暇にキャンピングカーを使用する方にはそこまで面倒ではないかもしれませんが、私達は毎日のことになるので、この手間を省きたくてベッド展開が不要なキャンピングカーを選びました。

自粛生活が終わり、旅を再開した時の不安

さて、これだけ堕落した生活を送っていらっしゃる方もなかなか少ないかと思います…。そして、これだけ堕落した生活だと自覚しているので、旅を再開した時にキビキビ、パキパキ生活出来るかがとても不安です(笑)


そろそろいつでも旅を再開出来るように、生活スタイルを健康的に変えていかなきゃと痛感しております。皆さまもどうかシッカリした予防と、ゆっくり出来る息抜きで、この辛い状況を乗り越えましょう!


この記事をシェアする

家を断捨離して、中古キャンピングカーでバンライフ&リモートワークをしながら日本一周をしています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device