【10/1〜2/28の期間限定】ワクチン接種&予約で、Amazonギフト券最大5,000円プレゼント!
DIY前に知っておきたい!バンライフ仕様車の断熱の工夫
DIY前に知っておきたい!バンライフ仕様車の断熱の工夫

DIY前に知っておきたい!バンライフ仕様車の断熱の工夫

「箱根移住夫婦の休日バンライフ」の旦那の方。DIYと運転担当。

車内で過ごす時間が長いバンライフにとって、車内の温度管理はとても大切です。サブバッテリーやポータブル電源があれば、車内はFFヒーターを使った温度調節は可能ですが、どの車にもあるわけではありませんし、バッテリーの容量にも限りがあります。


そこで大切なのが、寒い日における車の断熱です。

今回は、バンライフ仕様車のDIY前に押さえておきたい断熱のお話。暑い夏や寒い冬も快適にバンライフを送るためにも、参考にしてみてくださいね。


▼「VANLIFE JAPAN」人気記事!冬の車中泊対策術として、こちらもぜひお読みください。

車内の断熱はなぜ必要?


車には断熱機能があまり備えられていません。


車の車体はほとんどの部分が鉄板1枚とガラスで囲まれています。夏は、直射日光で熱せられた車体が車内の温度をどんどん上げていきます。逆に冬は、外気に触れて車体が冷え、車内の温度をどんどん下げていきます。


普通の車の使い方だと、走行している時間はエアコンで車内の温度調節ができるため、乗り込んだ直後はとても暑くてもすぐにエアコンで冷やすことができます。しかし旅先で車を停めて車内で過ごすバンライフでは、そういうわけにもいきません。ポータブル電源で使える冷暖房機器もありますが、1日中稼働させておくにはかなりの電力を必要とします。


もちろん真夏や真冬のバンライフでは、どうしてもそういった冷暖房機器の使用が必要な場面もあります。しかしできるだけ電力を節約するためにも、車の断熱が重要になってきます。

車の断熱の考え方


車の断熱の考え方は、家の断熱と基本は同じです。外気が車内に伝わるのを防ぐこと、そして車内の空気を外部に逃さないこと、これが車の断熱の基本になります。


車の構造は外壁と内壁という二重の壁に囲まれた「家」とは大きく違って、大きな面積を占める天井やドアは1枚の鉄板でできています。その内側をクッション材の内張りで囲っていてクッション材自体に多少の断熱効果がありますが、効果が期待できるほどではありません。


車の断熱は、この鉄板と内張りの隙間に断熱効果のある素材を取り入れることで、外気を遮ることができます。わたしたち夫婦がDIYしたように元の内張りを取り払って木材で覆ってしまう場合などもやり方は同じで、車体の鉄板と木材の間に断熱材を入れています。


車体に合わせてぴったり作られた純正の内張りと違って、木材でDIYする場合には車体との間の隙間がどうしても大きくなってしまうのですが、その分厚めの断熱材を入れることができるというメリットもあります。

断熱材の仕組み



断熱材にはいろいろな種類がありますが、基本的な仕組みはほとんど一緒です。断熱材というと、なんだか特殊な素材で熱を遮っているように感じますが、実は断熱材の中で熱を遮っているのは「空気」なんです。


熱の伝わり方には伝導・対流・放射という3つの種類があります。伝導は直接熱が伝わることで、鉄のフライパンを火にかけた時に持ち手部分も熱くなるのがこの現象です。

対流は、熱せられた空気や水が移動することで熱を伝える現象。

そして放射とは、熱せられた物質が周囲に熱を放つ現象です。外気や日光で熱くなった車体から車内に向けてどんどん熱が放出されるため、夏の車内がとても暑くなるのもこの放射が原因です。


この車体から放出される熱を遮るために、断熱材を貼り付けていきます。この時、断熱材自体が伝導の働きをして熱を伝えてしまうと、今度は断熱材から熱が放射されてしまいます。そのため断熱材は伝導で熱を伝えない(熱伝導率が低い)ことが大切になります。


そして、空気はこの熱伝導率が非常に低いため、断熱材の内部は独立した(対流で熱を伝えない)空気をたくさん閉じ込めることで、熱の伝導をおさえて断熱をします。

断熱材の種類

では実際にいろいろな断熱材についてみていきます。

断熱材は大きく「繊維系」と「発泡プラスチック系」のふたつに分けることができます。それぞれいくつかの種類に分かれていますが、ここではわたしたちがDIYの際に検討した5種類の断熱材を紹介していきます。

グラスウール(繊維系断熱材)

繊維系断熱材は密封した袋の中に細かい繊維が大量に詰め込まれた断熱材です。羽毛布団やダウンジャケットと仕組みが似ていて、繊維の間に大量の空気を含み、細かな繊維によって対流を防ぐことで断熱しています。


車の断熱材として使う場合、柔らかいためいろいろな隙間に詰め込みやすいという特徴がありますが、水を含むとカビてしまうため湿気対策が必要です。

スタイロフォーム(発泡プラスチック系断熱材)



発泡プラスチック系断熱材はプラスチック素材を発泡させて、小さな気泡の中に空気(発泡ガス)を大量に閉じ込めた板状の断熱材です。一つひとつの気泡が独立しているため対流が起こらず、高い断熱性があります。


車の断熱材として使う場合は、湿気に強く結露を防ぎやすいという特徴がありますが、車の曲面に密着させたり隙間を詰めたりする必要があり、少し難易度が高くなります。

充填式発泡ウレタンフォーム(発泡プラスチック系断熱材)



充填式発泡ウレタンフォームは発泡プラスチック系の断熱材の一種ですが、板状になった製品ではなくスプレー缶として販売されているのが特徴です。断熱材を設置したい場所に吹き付けるとウレタンフォームの泡が出てきて、それが固まって断熱材になります。


車の断熱材として使う場合は、狭い隙間などにも断熱材を入れることができるという利点があります。天井などへ直接付着させるのは難しいため、他の断熱材と併用して部分的に使うのがオススメです。

特殊セラミック断熱塗料

ここまで紹介してきた断熱材は、建築用として古くから使われてきた断熱材ですが、この特殊セラミック断熱塗料は比較的新しいタイプの断熱材です。最近になってYouTubeのDIY動画などでもよく見かけるようになってきました。


塗料の中に特殊セラミックビーズ(泡)が配合されていて、その泡によって熱を遮ります。塗料なので他の断熱材と比べて圧倒的に薄く、他の断熱材は車体の内側に断熱材を貼り付けることになりますが、唯一車体の外側に断熱できるという特徴があります。


銀マット・プラダン



キャンプやアウトドアレジャーの際に活躍する銀マット。実は銀マットは発泡プラスチック系の素材にアルミシートを貼り付けたもので、安価ですがある程度の断熱効果が期待できます。断熱材として使われる発泡プラスチック系の素材と違って柔らかいので、車の天井などの曲面や細かな凹凸に合わせて貼り付けることも容易にできます。


また、安価な商品で意外と断熱効果があるのがプラスチック段ボール、通称「プラダン」です。その名の通りプラスチック素材で作られた段ボール状のシートで、断熱材の仕組みと同じく空気の層を含んでいるため断熱効果が期待できます。


銀マットもプラダンも上で紹介したような本格的な断熱材ほどの効果は期待できませんが、安価で厚みが薄く加工が容易な点が特徴です。内張りを剥がすような大掛かりなDIYをしていない車中泊車でも、銀マットやプラダンで後方左右の窓ガラスだけ目隠しを兼ねて断熱している車をよく見かけます。

窓の断熱も重要


天井と床、側面にもしっかりと断熱をして、これで車の断熱は完璧かというとそうではありません。車は前後左右360度全てをガラスで囲まれています。


真夏の太陽の光はガラスを透過して直接車内に降り注ぎます。真冬の冷たい空気はガラスを冷やし、車内の温度を下げていきます。このガラスも断熱しないと、車の断熱は完璧とは言えないのです。


窓の断熱に関しては市販のサンシェードを使うのが一番です。真夏の炎天下に車を駐車する時に太陽光を遮るのに使う、銀色のあれです。車種によっては専用のサンシェードも販売されています。少し値段が高くなりますが、窓にピッタリ合うように作られているため、断熱効果は高くなります。

DIYを始める前に、断熱についてしっかりと考えておこう!



ここまでバンライフ仕様車の断熱について紹介してきましたが、どれだけ断熱をしっかりとしても真冬の寒冷地でバンライフをするにはFFヒーターなどの暖房器具が必要ですし、真夏のバンライフを断熱だけで乗り切るのは厳しいです。


断熱はバンライフを快適に過ごすための基礎の部分だと思ってください。全く断熱されていなくてどんどん冷えていく車内を暖めるよりも、しっかり断熱されている車内を暖める方がエネルギーは少なくてすみます。一度温暖まった車内は、断熱をしっかりとしていれば温度が下がりにくくなるので、エアコンなどとの相乗効果で車内温度を快適に保つのが断熱の役割です。


そして、車体の内側と内張りの間に断熱材を入れるという作業は、DIYを進めた後ではかなり難しいです。DIYを始める前にしっかりと計画に入れて作業をする必要があります。


完成したバンライフ仕様車で快適なバンライフを楽しむためにも、DIYを始める前にぜひ断熱について考えてみてくださいね。


▼車体の断熱の他にも工夫できる対策に関してはこちら


▼DIYのイメージも兼ねて、キャンピングカーを体験してみるものおすすめ!


この記事をシェアする

「箱根移住夫婦の休日バンライフ」の旦那の方。DIYと運転担当。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device