【動画】キャンピングカーをお持ちの方はぜひご覧ください!
不安解消!魅力いっぱいの車中泊。グッズを家に見立てて紹介します
不安解消!魅力いっぱいの車中泊。グッズを家に見立てて紹介します

不安解消!魅力いっぱいの車中泊。グッズを家に見立てて紹介します

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

好きな場所へ行き、好きなアクティビティーを楽しみ、広い温泉につかり、好きなものを食べ、ゆったりとした時間を過ごしながら眠くなったら就寝する。

こんな贅沢な休日の過ごし方。車中泊なら叶えられます。


車中泊を楽しむことができれば、宿の空きを探して四苦八苦することや、宿泊費用で行動が制限されることはありません。


そんな魅力いっぱいの車中泊ですが、未経験者にとっては不安もありますよね。

興味はあるけど、あと一歩を踏み出せないあなたに、車中泊の魅力と便利な車中泊グッズを紹介します!

車中泊の魅力とは?

一人でもグループでも、いろいろな楽しみ方ができる車中泊ですが、行動範囲の自由度やコストパフォーマンスを考えると最強の宿泊施設とも言えます。

なぜなら、自由に宿泊地を設定することで、行動プランを優先できるからです。


アウトドアを具体例に挙げると、釣りやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ人は、活動場所近くで車中泊することで次の行動が楽になったり、遊び終わった後の休憩などが容易です。

今紹介したアウトドア以外にも、車中泊の魅力がたくさんあるので紹介していきます。

車中泊可能な場所はたくさんある

車中泊ができる施設は、キャンプ場、RVパーク、道の駅など日本各地に多数点在しており、その数は年々広がりを見せています。

キャンプ場では自然を楽しむことができますし、道の駅では浴場が併設されていたりと、魅力的な宿泊場所は数え切れません。

旅の目的や期間はさまざまなので、インターネットで調べれば宿泊場所の候補も簡単に見つかります。

時間に縛られない

ホテルや旅館などの宿泊施設は、チェックイン・アウトの時間や、食事の時間が決められています。

それが車中泊ならば食事の場所や時間、就寝や起床の時間などをすべて自分で決めることができるので、1日の過ごし方はあなたの思うがまま。

気に入った場所や、まだ遊び足りないと感じたら、連泊することも自由にできます。

コストパフォーマンスが良い

車があればそこが宿泊施設になる車中泊は、とてもコストパフォーマンスが良いです。

車中泊には最低限の装備が必要ですが、家で使用している日用品を転用することで初期費用を抑えることもできます。


旅の可否を判断するのに、宿泊費用は大きなウエイトを占めますよね。

宿泊費用をぐっと抑えることで、旅へのハードルは一気に下がります。

あなたの車は家そのもの!その理由とは?


家での過ごし方とのギャップに不安を抱いているあなたへ。

車中泊って、『車の中の限られた空間→無理な体勢で寝る→暑くて(寒くて)寝られない→疲れる』

と想像していませんか?

ここでは、不安を解消する車中泊グッズを『家の設備』に見立てて、わかりやすく紹介します。

ぜひ前向きな気持ちにシフトして、あらたな一歩を踏み出してみましょう。

プライバシーは守られる?

自宅ではカーテンなどで、外部からの視線を遮っていますよね。

車中泊におけるプライベート空間を確保するアイテムには、サンシェードや車用カーテンなどがあります。

断熱効果があるものや遮光性の高いものを選ぶことで、車内をより快適な空間にすることができます。


▼カーテンはDIYもできる!

電気水道などは大丈夫?

騒音や環境汚染への配慮から、車中泊中は原則エンジンを切ることがマナーとなっています。

では、自宅の様に電源を使うにはどうしたらいいのでしょうか?

ここで活躍するのが、ポータブル電源です。


自然災害をはじめとする防災に対する意識の高まりから、現在ではさまざまな種類のポータブル電源が販売されています。

スマホやパソコンの充電はもちろん、扇風機や電気毛布など季節により必要となるアイテムへの電力供給も可能です。


水道やトイレについては、キャンプ場、RVパーク、道の駅で車宿泊するのなら心配いりません。

ちょっとした調理などで水を使いたい時は、ウォータージャグやペットボトルが便利です。※ウォータージャグとは水を入れておく容器です。


▼ポータブル電源に関する記事はこちら

キッチンや食卓はどうする?

車中泊用のテーブルには、折りたたみ可能なコンパクトテーブルがおすすめです。

車内で食事をしたり、コーヒーやお茶を飲んだり、テーブルがひとつあるだけでとても便利です。


温かい食べ物や飲み物をいただくために、携帯ガスコンロを用意すると便利です。

キャンプ用のガスバーナーや家庭用カセットガスコンロで十分ですが、一酸化炭素中毒や火事を防止するため、車内での使用は控えるか、車内で使用する場合は必ず窓や扉を開けましょう。


▼車中泊で使える調理グッズはこちら!

家電製品はどうする?

車中泊では窓に貼るシェードや車用カーテンでプライバシーを保護しますが、エンジン停止状態では車内灯を長時間使用することはできません。

この時の車内照明器具として活躍するのが携帯LED照明やランタンです。

電池式やバッテリー内蔵式などの種類があるので車の広さに合わせて選びましょう。


食品や飲み物を保存するには、車載用クーラーボックスが便利です。

AC電源、DC電源どちらでも使用できる2WAY仕様を選択すると使い勝手が良いでしょう。

また、手軽に始めたいなら保冷剤と発泡スチロールBOXの組み合わせでも十分です。


変わったアイテムとして、車での使用を想定した炊飯器が商品化されています。

炊きたてのごはんを楽しみたい人は、ぜひ検討してみてくださいね。


季節家電としては、扇風機や電気毛布などがあります。

これらのアイテムもポータブル電源があれば、家庭と同様に使用することができます。


▼車中泊をおしゃれに過ごせる照明グッズはこちら

寝具はどうする?

日頃から自宅で使用している寝具を使っても問題ありませんが、車内での積載容量を考えるとコンパクトに収納できる寝袋がおすすめです。

スリーシーズン使用できる寝袋を選択すれば、オールマイティーに使用することができます。


就寝時はシートをフルフラットに変形させ、平らなスペースを作りますが、寝転んでみると思ったより凸凹しているものです。

これを解消するためのマストアイテムが車中泊用マットとなります。


エアータイプやインフレータータイプなど、さまざまなアイテムが販売されていますが、十分な厚みがあるものを選びましょう。

段差が大きい場所は、エアークッションやタオルなどで調整すると、より快適になります。


そして意外と忘れがちなのが、周りの騒音対策です。

周りの宿泊者からの騒音や、雨風の騒音などはバカにできません。

就寝時の騒音を緩和するために、耳栓やイヤホンを準備しておきましょう。


▼車中泊で夜を過ごすヒントがいっぱい!

その他の小物

夜中にトイレへ移動する際の照明として、懐中電灯や小型ライトを準備しましょう。

また、簡単に脱ぎ履きできるサンダルがあるとちょっとした徒歩移動に重宝します。

旅先での入浴準備としては洗面用具、タオル、着替えを用意すれば良いでしょう。

快適な車中泊を過ごすために


快適な車中泊を過ごすための場所やグッズについて紹介しました。少しでも車中泊の魅力が伝えられたなら幸いです。

軽自動車から大きなワンボックスカーまで、どんな車種でもそれぞれの楽しみ方を見つけられます。

工夫次第で、普段あなたが乗っている車がとっておきの贅沢空間に変わるのです。


車中泊に『正解』『不正解』はありません。

自分が思ったように過ごす事が、あなたにとっての正解です。誰にも邪魔されない幸せな空間を作り上げてくださいね。


▼季節ごとにあると最適な車中泊グッズはこちら!



写真提供:

まるぴー

とうちゃんはテンネンパーマ|かあちゃん

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device