【最大50%OFF】3連泊以上で、夏休みにもお得な車はこちら!
団体向けだった駐車場を車中泊スポットに活用!「一条竹の子村」ホストの清水さんがもつ、ゲストへの想い
団体向けだった駐車場を車中泊スポットに活用!「一条竹の子村」ホストの清水さんがもつ、ゲストへの想い

団体向けだった駐車場を車中泊スポットに活用!「一条竹の子村」ホストの清水さんがもつ、ゲストへの想い

2019年10月からハイエースでバンライフ! 今は多拠点施設も利用しています。 新しい体験や、面白そうな人のいるところへ移動中!人見知りは基本しません♪ YOUTUBE「まるぴーVANLIFE」チャンネルでも発信中♪Twitter→@michitolife

南伊豆の静かな山にあるCarstayステーション「一条竹の子村」は、南伊豆観光をする車中泊拠点としてアクセス抜群!自然の恵みがあふれるこの場所は、季節の農産物収穫体験もできます。


ホストの清水さんがここでCarstayステーションを始めたのは、商工会からのお誘いがきっかけだったそう。

「一条竹の子村」への想いや、これまでのCarstayステーションの運営についてお聞きしてきました。

Carstayステーション「一条竹の子村」のホスト、清水さん


まずは、自己紹介をお願いします。

清水さん:

初めまして、清水真由美です。「一条竹の子村」と、Carstayステーションの運営、そして今年から貸し会場の運営も始めました!

今回は「一条竹の子村」で車中泊をさせてもらいましたが、広くて静かで、快適でした!ここは四季折々の収穫体験ができる場所ということで人生初の「栗拾い」体験しましたが、栗に向きあうには根気がいると学びました…!

清水さん:

楽しんでもらえたようでよかったです!

うちでは、せっかく遠くから来てもらうので、ゲストのかたには楽しかったと思って帰ってもらいたいと思っています。

  

なので、なるべく満足してもらえるよう、栗拾いの場合、この場所はAさん、この場所はBさん、っていう風に山を区切って、いい物が当たるように配慮しています。

     

1年分の栗を拾おうと、あたり一面の栗を拾いつくす方もいらっしゃるので、

拾える栗の量を考えて、予約の調整をしたりもします。栗がたくさん残っていると予約の再開をするので、当日予約の方が取りやすい場合もあるんですよ。

 

お客さんからの注文が入って、栗を用意する清水さん。

清水さんは、お客さんのことを思って、色々工夫されてるんですね。拾った栗は、自分の知っている天津甘栗のような栗よりもすごく大きくてびっくりしました!

清水さん:

そうですね、大きい物栗も多いですね。

「銀寄」や、幻の栗と言われる「利平」というブランド栗もあって、栗によって、1kg2000円以上する物もあります。


うちでは種類で分類せずに拾った分だけのグラムで計算するので、値段が変わらずお得ですよ(笑)


「利平」は、毎年台風の時期に落ちてしまっていたんですが、今年はじめて収穫できました!

こりっとして甘い栗です。


「幻の栗」と言われる利平栗

栗を育てるのも一筋縄ではいかないんですね。いい栗を拾えて嬉しいです。「一条竹の子村」では、名前の通り、タケノコ掘りが有名なのですか?

清水さん:

はい、初めは「タケノコ掘り」でオープンしました。竹の子シーズンは、食事処を開けて竹の子料理も食べることができます。うちは夫が狩猟をするので、タイミングが合えばジビエ料理が食べられることもありますよ。


私はここに来て30年なんですが、タケノコ以外にも何かできないかといろいろ始めて今に至ります。その分、ずっとここにいるので、南伊豆の観光地は有名どころしかわからないですけど(笑)


昔は伊豆がブームで、ここに観光バスが10台ほど来ていたんですよ!今は団体さんが来られなくなったので、ご家族さんが多いです。


栗は、9月中旬から10月初旬、そのあと、四方竹(しほうちく)という、地上にのびたところをポキっと折ってとる四角い竹があります。


関西では観賞用としてお寺にもあるそうです。この辺りは、一年中流れている沢があって、そういう場所の四方竹は、柔らかくて食べられるんですよ。

団体客用の駐車場だった場所を車中泊スポットに

こちらのCarstayステーションは、いつ頃から始められたのですか?

清水さん:

始めたのは、2019年初めのころです。

南伊豆の商工会の方からお話をいただいたのがきっかけでした。


貸し会場も始めていたので、会場を使ってもらったらそのままCarstayで泊まってもらえたらいいなと思っていました。

でも、今まで予約がなくて、もうこのまま予約がないかなあと思っていたら、2020年になって立て続けにいくつか入ってきたんです。


海外からは家みたいなキャンピングカーで来られたゲストもいて、ぞろぞろ人が降りて来られて、何人出てくるの?!って思ったり。

そのときはもうびっくりしました!


駐車スペースはこんなに!

ここだと、広いから大きなキャンピングカーでもすっぽり納まりますね!

清水さん:

そうなんです。もともとバスが何台も停まる場所だったので、どんな大きさでも大丈夫です!

車中泊はプライベートを守りながら移動できる手段としても注目を集めていますね。

清水さん:

そうみたいですね!たくさん来て欲しいのですが、ここはほんとに静かで、周りに音が響くんです。

 

それに、周りにお年寄りも多いので、音には気をつけています。

外での火器も禁止にさせてもらってますが、車で10分ほど走れば食事処もあります。


その分と言ってはなんですが、Wi-Fiは設置したので、調べ物にも活用してくださいね。

  

正面からみて、ハイエースの右が食事処、後ろに洗面所が。

そんな理由があったんですね。車内で調理はできるし、近くに食べる場所やお店もあるので特に困りませんでした!実際、清水さんがCarstayステーションを始めて、良かったと思うことはありますか?

清水さん:

何か準備しないといけないことはないので、その点は良かったですね。

南伊豆はいいところですが、過疎化でバスもなくなって、電車も最寄りが伊豆急下田駅(車で約15分)と、交通の便があまりよくないのがデメリット。でも、車で移動するにはいいところだと思います。

     

季節ならではのアクティビティが用意されているので、ぜひ車でCarstayステーションや収穫体験に来てくださいね!

ご自身の都合に合わせて、空き駐車場を開放でき、手間をかけずに新たな集客ができるのは良いですね。車中泊ユーザーにとっても観光しやすく、夜も安心して眠れました。また収穫体験に来たいと思います!ありがとうございました。

>>実際の車中泊体験記事はこちら!

南伊豆で車中泊!「一条竹の子村」を女子旅の拠点にして満喫しよう!


元気の源はゲストの声

来てくれる方の顔を見るのが楽しみな清水さん。

「楽しかったです」「美味しかったです」と言われるのが元気の源と話されていました。


Carstayステーションの利用を機に新たな常連さんができるかもしれません。

「新たなきっかけ」として、Carstayステーションを検討してみてはいかがでしょうか?


>>Carstayステーションホスト登録・詳細ページ


>>「一条竹の子村」の予約・詳細ページ



この記事をシェアする

2019年10月からハイエースでバンライフ! 今は多拠点施設も利用しています。 新しい体験や、面白そうな人のいるところへ移動中!人見知りは基本しません♪ YOUTUBE「まるぴーVANLIFE」チャンネルでも発信中♪Twitter→@michitolife

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device