琵琶湖近くでトレーラーハウスに囲まれて車中泊!「DenDenVillage」をミチトライフがご紹介
琵琶湖近くでトレーラーハウスに囲まれて車中泊!「DenDenVillage」をミチトライフがご紹介

琵琶湖近くでトレーラーハウスに囲まれて車中泊!「DenDenVillage」をミチトライフがご紹介

2019年10月からハイエースでバンライフ! 今は多拠点施設も利用しています。 新しい体験や、面白そうな人のいるところへ移動中!人見知りは基本しません♪ YOUTUBE「まるぴーVANLIFE」チャンネルでも発信中♪Twitter→@michitolife

ハイエースでバンライフしている夫婦ミチトライフのちあきです。今回は滋賀県大津市のCarstayステーション「DenDenVillage−CampLams(デンデンビレッジ)」に行って来たので、実際に車中泊した様子をご紹介します。


Carstayホストはトレーラーハウスのオーナーもされている方です。実物のトレーラーハウスを目の当たりにすると、ワクワクしちゃいますよ♪

滋賀は観光資源豊かな県

滋賀県と言えば日本最大の湖「琵琶湖」があります。琵琶湖の面積は滋賀県の1/6。


湖西から見た琵琶湖。天気が良く、対岸には伊吹山まで見えました!


湖西には、びわ湖バレイ、びわ湖テラス、白髭神社比叡山延暦寺等、1日では周りきれないくらい有名な観光地が沢山あります。今回ご紹介する大津市のCarstayステーション「DenDenVillage」の車中泊は、観光資源豊かな滋賀巡りにとても便利です。

Carstayステーション「DenDenVillage」はどんな場所?


「DenDenVillage」の「DenDen」は、そう。「でんでん虫」(カタツムリ)のこと。


トレーラーハウスは「動く家」。「DenDenVillage」のCarstayホストはトレーラーハウスの輸入・販売(現在は中古販売のみ)を行っているので、家を背負って歩く姿をでんでん虫に例え、トレーラーハウスを保管しているこの場所を「DenDenVillage」と名付けたそうです。


バンライファーたちの車も「動く家」なので、集合したらデンデンビレッジになりそうですね。(笑)

「DenDenVillage」で車中泊!

入口は少し狭いかな?と感じましたが、ハイエースのスーパーロングバンでも問題なく入庫できました。奥に進むとコーンを目印に駐車します。私たちが到着するとCarstayホストが出迎えて、ステーションの説明をしてくれました。



駐車スペースは広々。周りには、トレーラーハウス、自作のウッドデッキにドラム缶で作られた焚火台、奥の方には、アメリカの消火栓まで。私たちは以前からレトロなもの、海外の雑貨などに興味があったので「DenDenVillage」はおもちゃ箱のような空間で、「これ何ですか?これは?」とホストに質問攻めしてしまいました。(笑)ホストは嫌な顔せず、全て答えてくれました♪


夜間周りは暗いですが、場内は監視カメラが設置されており、ホストはトレーラーハウスに住んでいるので安心です。


24時間利用可能なトイレは、ここから徒歩100mにある「松ケ浦」の公共トイレでしたが、今回はホストのご好意でトレーラーハウスの中のトイレを使用させて頂きました。追加料金500円でシャワーも利用可能です。


トレーラーハウスに入るのは人生初なので「中に入れるの?」と夫婦2人でワクワク。


トレーラーハウス内は現在整理中で写真撮影が出来ませんが、ドアを開けると、天井にはシーリングファンが回り、手前にはロフトへの階段、奥にはキッチン。まるで家でした。あまりにも一般の家と遜色なくて驚きです。


キッチンの向いにドアがあり、中にトイレと洗面所、浴室があります。浴室には海外映画で観るような猫脚のバスタブが置いてありました!築20年のレトロハウスですが問題なく、時間も自由に使わせて頂き快適でした。


今回利用したトレーラーハウスは現在販売中のため、皆さんが利用する際には仕様変更されている可能性があります。「利用したい!」という方は予約の際にお問い合わせください。今後も中古トレーラーハウスが入庫予定なので、次回車中泊する時に見れるかな?と楽しみです♪



私たちが訪れたのは10月後半。この日は夕刻から風が強く吹いていました。


11~2月は吹きおろしの風が強くなるので、季節のおすすめは春と秋。夏は暑いよ、とCarstayホストが教えてくれました。また地面の水はけが悪い為、雨の日は長靴必須だそう。


夜間は静かですが、最寄りの志賀駅のある線路は夜間も2時間に1本程度電車が通るので、音に敏感な方は避けた方が良いかもしれません。夫(ゆうすけ)は、グッスリ・・・。私は1度トラックでも通ったかな?と感じた程度で、それ以外は気になりませんでした。


そして、朝の景色が良かったです。ドアを開けると山と空が目の前に広がって開放的な気分に。車から景色を眺めてゆっくり過ごせます。早朝に大きな虹が架かることもあるそう。


ここのホストは「周りに迷惑が掛からない範囲であれば、自由に過ごしてもらえればいい。」と考えられているので、気になる事・希望があれば気軽に相談できます。自由度が高く、とても過ごしやすかったです。

「DenDenVillage」気さくなホストさん

Carstayホストの外見と実年齢のギャップに驚きます!私たちの想像より20歳以上先輩でした。


翌朝、ホストが「おはようございます。」と挨拶し、夜間眠れたか等を心配してくれました。それから、この場所の気候や先ほどのおすすめや注意点から始まり、トレーラーハウスの輸送や、ホストの生い立ち、家族の話など、気が付けば3~4時間も話し込んでいました!


私たち以上にYouTubeや最近のJ-POPに詳しい、面白い方です!(笑)

「DenDenVillage」周辺の飲食店

車中泊に快適なCarstayステーション「DenDenVillage」ですが、食料調達は先にするのをおすすめします。


スーパーは国道558号線を南に車で約10分の場所に「平和堂和邇(わに)店」があります。私たちはもう少し先の「イズミヤ堅田店」まで行きましたが、夕刻は渋滞していました。


近場の飲食店は、焼き鳥「大吉」が徒歩8分の所にあります。蕎麦に酒屋もあるので、お酒も準備できますよ♪朝食には駅前に「薪窯焼のパン るうた」が朝7:30からオープンしています(月・火曜定休)。

「DenDenVillage」周辺観光スポット

Carstayステーション「DenDenVillage」から特にアクセス良好なびわ湖バレイ。山頂の「びわ湖テラス」は、2016年7月に出来たカフェ併設の展望テラスです。


標高1,100mから琵琶湖を一望できるテラスは、打見山(うちみやま)・蓬莱山(ほうらいさんそれぞれの山頂にあります。打見山にあるGrandTerraceは、インスタグラムで「#琵琶湖テラス」と検索すると、9万件以上も投稿されている人気の場所です。


この日は曇天でしたが、テラスは気持ち良くて、お尻に根が生えそうでした。


びわ湖テラスは車で行く場合、専用駐車場に停めてロープウェイに乗ります(平日1,000円、土日祝は2,000円)。ちなみにCarstayステーション「DenDenVillage」から徒歩10分の志賀駅〜ロープウェイまでバスが出ているので、「DenDenVillage」を車中泊兼駐車場としての利用するのも便利ですよ。


びわ湖テラスは混雑するので、絶景を写真に収めたい場合は朝早めの時間をお勧めします。お天気チェックも必須です!(びわ湖テラスは冬期閉鎖するので、訪問時には公式サイトをご確認ください。)



白髭神社は車で約15~20分の距離にあり、延命長寿・長生きの神様として知られています。湖水に立つ鳥居は琵琶湖の風景を神秘的に彩っています。


写真を撮りたくなってしまいますが、神社と鳥居の間の道路は交通量が多く、横断禁止となっているので行く際は注意してください。私たちは渋滞のおかげで、車内から鳥居を見られました。近くで見たい場合はSUPで鳥居まで行くアクティビティがあるので、利用しても良いですね。

「DenDenVillage」車中泊は京都観光にも最適

「DenDenVillage」で車中泊するのは滋賀観光に最適だと思っていたのですが、Carstayホストから「京都観光にもおすすめ」だと教えてもらいました。


その理由は、京都へのアクセスの良さです。最寄りの志賀駅〜京都駅まではJR湖西線京都行で30~40分。電車は1時間に2~3本と少ないので時間調整は必要です。しかし、乗ってしまえば座っているだけで到着します。


京都市内は年間5000万人以上の観光客が訪れる観光地。行ったことがある方はご存知だと思いますが、道も混雑しており、車での観光は困難です。これからの紅葉シーズンに行きたい方も多いのではないでしょうか?駐車場もキャンピングカーなど大きな車だと選択肢は少なくなるので、「DenDenVillage」で宿泊兼駐車場としての利用し、1日は京都観光、翌日は滋賀観光といった使い方もできそうです♪


観光となると、「早くから出かけたい!でもチェックインやアウトの時間が・・・。」という方も安心してください。入出庫の時間はある程度「自由にしていいよ。」と優しいホストが柔軟に対応してくれるので、予約後に調整してみてくださいね。


まとめ:滋賀の車中泊は「DenDenVillage」がおすすめ!

滋賀県や京都府へ車旅する際の車中泊スポットとして、開放的でおもちゃ箱のような「DenDenVillage」を利用されてみてはいかがでしょうか?


>>DenDenVillage」予約・詳細ページ




この記事をシェアする

2019年10月からハイエースでバンライフ! 今は多拠点施設も利用しています。 新しい体験や、面白そうな人のいるところへ移動中!人見知りは基本しません♪ YOUTUBE「まるぴーVANLIFE」チャンネルでも発信中♪Twitter→@michitolife

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device