あなたのキャンピングカーを登録して副収入を得ませんか?
冬の車中泊!寒さ対策おすすめグッズをバンライフ夫婦が紹介します
冬の車中泊!寒さ対策おすすめグッズをバンライフ夫婦が紹介します

冬の車中泊!寒さ対策おすすめグッズをバンライフ夫婦が紹介します

えりたく夫婦の嫁。ハスラーで日本中を旅する毎日。旅とお酒と歌うことが大好き。 ・Twitter & Instagram: @erincology

ハスラー車中泊で日本中を旅するえりたく夫婦・菅原恵利です。すっかり冬らしい寒さになってきて「車中泊、寒くないの?!」とよく聞かれます。冬の車中泊は寒さ対策・グッズが重要!今回は、寒い冬でもバンライフを続ける2組の車中泊夫婦が「コレは持っておきたい!」という寒さ対策グッズ、服装を紹介します。


トヨタ・ハイエースミチトライフご夫婦、スズキの軽自動車・ハスラーのえりたく夫婦、それぞれの寒さ対策グッズをチェックして、冬の車中泊を楽しみましょう!

冬の車中泊は寒いけど、最高!

映画「君の名は」の聖地!長野県塩尻市・諏訪湖

季節が移り変わる景色を味わえるのは、バンライフの魅力の一つです。車中泊した朝、起きてドアを開けたとき。目の前に広がる光景が息をのむ美しさだったら・・・!気持ち良い1日のスタートを迎えられますよね。


「わざわざ寒い中、車中泊するなんて絶対つらい・・・」と思っていた私ですが、冬の景色はまた一段と絶景。どんなに外が寒くても、冬の絶景スポットを見れば車中泊をする甲斐があるものです。白い息と、ピンと張りつめた朝の澄んだ空気。バンライファーなら、誰でも「バンライフしてて良かった!」と思える瞬間ではないでしょうか。

車中泊夫婦の寒さ対策グッズ〜ハイエース編〜


ハイエーススーパーロングバンでバンライフを実践中のミチトライフご夫婦。


車を家にして暮らしているので、もちろん寒さ対策はバッチリ。「コレがあれば、ハイエースの車中泊で寒い冬も乗り切れる!」という、車内にある寒さ対策グッズを見せてもらいました。


(1)電気毛布



もともと家にあった電気毛布を車にそのまま積みました。コンセントを蓄電式ポータブルバッテリーに繋げれば、家と全く同じように使用できます。コレが、本当にあったかい。


外は冷蔵庫並みに寒い中で車中泊をしたとしても、電気毛布をONにして就寝すると「ちょっと暑い・・・」と起きてしまうこともあるくらい、寒さには困らないんだとか。


(2)窓に貼る、自作の断熱材



寒い冷気は窓から入ってくる。窓が丸腰状態になっていると、車内はかなり冷え込んでしまいます。


ミチトライフのハイエースには、自作DIYで断熱材を窓に取り付けています。どちらも素材は、ポリスチレンフォーム(発泡スチロール)。黒い方は、プラスチックダンボールを上から付けています。

(3)布団



こちらも、自宅からそのまんま持ってきたそう。やっぱり、お布団は暖かい!!大きなハイエースだからこそ、空間には余裕がある。分厚い布団を何枚も積んでいても、かさばっていません。


しかも、このペンドルトン風のおしゃれなお布団、どこのメーカーだと思いますか?実は・・・「ファッションセンター しまむら」で購入したそうです!(笑)


それを聞いて、えりたく夫婦も「しまむら」で、割とおしゃれな柄をあしらった薄めの布団(1,900円)をさっそくゲットしてきました。圧倒的に安いっ!なのに、値段よりは確実に高そうに見えてしまう・・・!

車中泊夫婦の寒さ対策グッズ〜軽自動車ハスラー編〜


スズキの軽自動車・ハスラーで240日以上も車中泊を続ける、えりたく夫婦。


春からバンライフをスタートして、初めての冬がやってきました。すでに、山の上でマイナス6度の夜も乗り越えた”寒さ対策”。「コレは絶対に外せない!」必須グッズを紹介します。


(1)シュラフ/寝袋



すっぽり体が入る、LOGOSのシュラフ(寝袋)を積んでいます。体に密閉して、側面からの冷気をシャットアウト。入っているうちに、ぬくぬく暖かくなってきます。


使わないときは、こうして袋に入れて、小さくまとまるから便利!


(2)窓に貼る、自作の断熱材



こちらの断熱材は、「断熱マット アルミ繊維」です。一般的に「銀マット」「アルミロール」とも呼ばれています。「銀マット」は万能で、熱反射・防音・保冷バッグ・レジャーシート等としても使用可能。また、こたつのホットカーペットの下に敷いておくと、電気代が節約できたり、床に焦げ跡が付かなくなります。


薄さは8mm程度。吸盤いらずで、窓にしっかりペタッと貼り付けるだけで固定されます。使わないときは、くるくるっと丸めて収納。


もともと長いロールのものを購入。窓のサイズに枠をぴったり合わせるために、まずは大きなゴミ袋で型をとってカットしました。


(3)湯たんぽ



「自分の他に、熱を発するものがあると暖かい」と教えてくれた、バンライフの大先輩・稲本真也さん。冬の寒さ対策について相談していたら、お湯を注ぐタイプの湯たんぽをプレゼントしてくれました〜!


ポットでお湯を沸かして、湯たんぽを足元かお腹あたりに入れて寝ています。たしかに、寒い夜はコレがあるだけで寒さが全然違う!かなり重宝しています。電気式の湯たんぽでも、おすすめだそうです♪

寒さ対策のおしゃれな服装は、やっぱりユニクロ!


防寒の基本は、まず自分の体温を下げないこと。暖かい服は、バンライファーの必需品です。この冬、必ず纏っておきたい!車中泊夫婦おすすめのユニクロ商品を紹介します。


(1)ボアスウェットパンツ



内側に、ふわもこの「ボア」をあしらったスウェットパンツ。暖かいのに、軽くて、全く着ぶくれしないんです。


バンライファーにとって、動きやすいパンツはアクティブになれる。だから、ずーっと履いていたくなる。寒い外気でも、ふんわりしたボアが脚をほっこり温めてくれます。


(2)ウルトラライトダウン&ボアスウェットフルジップパーカ



とにかく軽い、動きやすい、ウルトラライトダウン!その軽さと、さらりと着れる心地良さに驚きます。コレで全く、冷たい風が侵入してきません!くるくるっと丸めると、備え付けてある小さな袋に収納されてしまう。暖かいのに、小さくまとまる。ミニマリストのバンライファーにはぴったり。

中にはさらに、内側にボアがついたフルジップパーカを着ています。ジップを開くとチラっと見える、白いボアのデザインが可愛いです。

まとめ:冬の車中泊は楽しいけど、寒さ対策もしっかり忘れずに!


車中泊で問題視されるのが、エンジンのかけっぱなし。暖房を付けなくても暖まれる、寒さ対策グッズ・服装をしっかり装備していくことが必要。雪が降るなかエンジンを始動したままにしておくと、排気ガスが車内に入り込み、一酸化中毒になる危険性もあります。周りの方への配慮、マナーを守り、ご自身の健康にも気をつけて。冬の車中泊を暖かく、楽しく過ごしましょう!




この記事をシェアする

えりたく夫婦の嫁。ハスラーで日本中を旅する毎日。旅とお酒と歌うことが大好き。 ・Twitter & Instagram: @erincology

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device