【10/1〜2/28の期間限定】ワクチン接種&予約で、Amazonギフト券最大5,000円プレゼント!
バンライフ仕様車は雪道に弱い?!駆動方式による走行性の違い
バンライフ仕様車は雪道に弱い?!駆動方式による走行性の違い

バンライフ仕様車は雪道に弱い?!駆動方式による走行性の違い

「箱根移住夫婦の休日バンライフ」の旦那の方。DIYと運転担当。

キャンピングカーやバンライフ仕様車は雪道で滑りやすそうなイメージですが、それは「車体が大きくて重いから」だと思っていませんか?


実際にキャンピングカーやバンライフ仕様車は、一般的な乗用車や軽自動車と比べて行き道で滑りやすい車が多いです。でもそれは、車体が大きく重いからだけではなく、実はベースとなる車の仕組み自体に、その理由が隠されています。


今回はそんなキャンピングカーやバンライフ仕様車が雪道で滑りやすい理由と車の駆動方式について紹介していきます。

車の駆動方式の違い



車はエンジンの動力をタイヤに伝えることで走行していますが、実は多くの車は4本のタイヤ全てに動力が伝わっているわけではありません。車の種類によって前方の2本または後方の2本のどちらかだけがエンジンの動力で駆動することで走行しています。


一部のスポーツカーを除いてエンジンは車の前方、ワンボックス車では運転席の下、それ以外の車ならボンネットに搭載されています。エンジンを搭載している位置とエンジンの動力で駆動するタイヤの組み合わせのことを「駆動方式」と言います。

FF(フロントエンジン・フロント駆動)

エンジンが前方に搭載されていて、前輪のみがエンジンの動力で駆動する仕組みです。

FR(フロントエンジン・リア駆動)

エンジンが前方に搭載されていて、後輪のみがエンジンの動力で駆動する仕組みです。

キャンピングカーやバンライフ仕様車のベースとなるバンやトラックは、ほとんどがこのFRか次に紹介する4WDを採用しています。

4WD(4輪駆動)

前後4本のタイヤ全てがエンジンの動力で駆動する仕組みです。

常に4本のタイヤが駆動するフルタイム4WDのほか、通常は前輪または後輪だけが駆動していて、雪で滑りやすい時などに手動または自動で4WDに切り替える方式もあります。

FF(フロントエンジン・フロント駆動)の特徴



FFの車はエンジンの真下にある前輪が駆動するため、駆動輪に荷重(摩擦力)がかかっていて路面を力強く捉えているため駆動輪が滑りにくく、直進時の安定性も高くなっています。


前方にあるエンジンの動力を後方へ伝える仕組み(プロペラシャフト)が必要ないため、車内スペースを広く取ることができるほか、車体の軽量化や低価格化にも効果があるため、最近では多くの車にFFが採用されています。

FR(フロントエンジン・リア駆動)の特徴


FRの車は操舵は前輪、駆動は後輪と役割分担できているため、駆動も操舵も前輪で行うFF車に比べてコーナリングの安定性が高くなっています。また、前輪は操舵のみを行うため仕組みが簡素なため、FF車に比べてハンドルを深く切ることができ、小回りが効くのが特徴です。


車は急加速時に後ろ側に荷重が移ります。そのため、FF車では駆動輪のある前方が軽くなるため空転してしまうことが多く、馬力が強い(排気量の大きい)エンジンを搭載する高級車などにFRが採用されています。

4WDの特徴

4WDの車は4本全てのタイヤが駆動するため、滑りやすい路面での走行性の高さが特徴です。前輪が滑っても後輪で押し上げる、後輪が滑っても前輪で引き上げる。このようにして路面状態の悪い道路でも突き進んでいけるのが4WD車の魅力といえます。


ただし、4本のタイヤ全てにエンジンの動力を伝えているため、燃費が悪く、さらに構造上もFFやFRに比べて車重が重くなってしまいます。

駆動方式による、雪道での走行性の違い



タイヤが滑って空転(スタック)するのは、止まっている状態から発進、加速、坂道を登る時など、アクセルを踏んでエンジンの動力を駆動輪に伝えた時です。エンジンが駆動輪の上にあるFFでは、駆動輪に荷重がかかっているため比較的スタックしにくいですが、FRでは駆動輪にあまり荷重がかかっていないのでスタックしやすくなります。


そして4WDではエンジンの真下にある前輪を含めて4本すべてのタイヤが駆動するため、たとえ前輪が滑っても後輪で、後輪が滑っても前輪で駆動できるためスタックしにくく、安定して雪道を走行することができます。


ただしこれは、発進時や上り坂でのスタックに関する話です。

4WDでも雪道で滑る?



よく「4WDは雪道最強!スタッドレスやチェーンを履かなくて問題ない」なんて言っている人がいますが、これは本当なのでしょうか?確かに発進時や上り坂でのスタックに関しては、4WDは他の駆動方式と比べてかなりの優位性を発揮します。


しかし、雪道で滑りやすいのは発進時や上り坂だけではありません。ブレーキは効きにくくなりますし、カーブでも曲がりにくくなります。急ブレーキを踏んでしまうとタイヤがロックしてそのまま滑ってしまうこともあります。


実はこういった「曲がる」「止まる」時の滑りやすさに関しては、駆動方式は関係ありません。4WDでも滑る時は滑ります。むしろ、同じ車種の4WD車とFF車の車重を比べると、仕組みが複雑な4WDの方が数十kg重いので、4WDの方がブレーキを踏んでも止まりにくくなっています。

バンやトラックにFRが多い理由



ここまで紹介してきたように、FRは他の駆動方式に比べて雪道でスタックしやすく、さらに製造コストや軽量化の面でも多くの車はFFが主流になってきています。


しかし、キャンピングカーやバンライフ仕様車はほとんどがFRとなっています。これには理由が二つあります。


一つ目の理由は、FRの方が小回りが効くということです。前輪に操舵と駆動の両方の機構を搭載するFF車に比べ、FRの前輪には操舵の機構だけ搭載すればよく、仕組みがシンプルになるため、より深くハンドルを切ることができるようになります。ちなみにキャンピングカーやバンライフのベース車両となるバンやトラックは車長が長く、小回りが効きません。これを少しでも補うためにもFRが主流になっています。


二つ目の理由は、バンやトラックは本来は荷物を乗せる貨物車両ということです。貨物用のバンで最大積載量は1,000kg前後。トラックともなると最大積載量は2,000kg・4,000kgにもなります。こうした重い荷物を後部の荷室や荷台に積んで走ることが前提の車です。


エンジン(数百kg)よりも重い荷物が後方に積んであれば、荷重はむしろ後輪にかかります。さらにFFの特徴の項目でも説明したとおり、発進時や加速時には荷重は後方に移動します。後部に重い荷物を積んだ状態であれば、FRの方が駆動輪に荷重がかかって安定して加速できるのです。


ただしこれは、最大積載量に近い大量の荷物を積んでいる状態での話。キャンピングカーやバンライフ仕様車では架装(内装や家具など)を含めても想定されていた最大積載量より大幅に軽いため、駆動輪である後輪にしっかりと荷重がかからず、結果としてスタックしやすくなっています。

チェーンはどのタイヤに装着するのが正解?

ここまで見てきたように、キャンピングカーやバンライフ仕様車は駆動方式がFRであるため、雪道での発進時や上り坂でスタックしやすい車と言えます。また軽自動車やコンパクトカーなどと比べて車体重量が重いため、ブレーキを踏んだ時やカーブを曲がる時にも滑りやすくなっています。


路面の凍結や降雪のおそれのあるエリアに出かける際には、スタッドレスタイヤが必須と言えます。また、FR車の場合はスタッドレスタイヤを装着していても上り坂などではスタックしてしまう危険性が高いので、タイヤチェーンも携帯しておくと良いでしょう。


タイヤチェーンは駆動輪に装着します。最近の車はFFが主流なので「チェーンは前輪に巻く」と覚えてしまっている人もいるようですが、これは間違いです。キャンピングカーやバンライフ仕様車などのFRの車は、駆動輪である後輪にチェーンを装着するので覚えておきましょう。

キャンピングカーやバンライフ仕様車が雪道で滑りやすい!



キャンピングカーやバンライフ仕様車が雪道で滑りやすい理由がお分かりいただけたでしょうか?


車体が大きく重いキャンピングカーやバンライフ仕様車は、たとえスタッドレスタイヤやチェーンを装着しても、滑りやすい車であることには変わりありません。安全運転を心がけるのはもちろんですが、雪道での運転に自信がないのであれば、冬季は雪の降りやすい地域を避けるというのも対策のひとつです。


車の特徴をしっかりと把握して、無理のない範囲でバンライフを楽しみましょう!



▼寒いエリアにバンライフに行くかたは、こちらもあわせてご覧ください!



この記事をシェアする

「箱根移住夫婦の休日バンライフ」の旦那の方。DIYと運転担当。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device