【最大50%OFF】3連泊以上で、お得なレンタルキャンピングカーはこちら!
冬でもポカポカなキャンピングカーで温泉旅!おすすめ車両と車中泊スポット4選(関東編)
冬でもポカポカなキャンピングカーで温泉旅!おすすめ車両と車中泊スポット4選(関東編)

冬でもポカポカなキャンピングカーで温泉旅!おすすめ車両と車中泊スポット4選(関東編)

旅が大好きなエンジニア!初心者バンライファー。 「バンライフ」に出会い、好きなところに行き、好きなところに泊まれる魅力にハマりそう…。

新人ライターのYurinaです。新型コロナウイルス感染症の影響で、この年末年始に、海外旅行に行きたかったけど、行けなかった方も多いのではないでしょうか?私もそんな1人なのですが、海外旅行に行くことが出来ない分、何とか密を避けて、国内旅行を楽しめないか、と企みながら日々過ごしています。

 

しかし、人混みを避けて自然を感じられる旅をしたい...!となると、今までの季節はアウトドアを楽しむことが出来たのですが、流石に冬にキャンプするのは抵抗があるなあ...。どうしよう...!と思っていました。そんな矢先、キャンピングカーであれば、冬も温かく旅が出来ることを最近知り、急いでこの記事を書いています。

 


そこで、アウトドア初心者で、冷え性の私のような人でも、密を避けて、ポカポカな車内でキャンピングカー旅を楽しめるプラン(関東編)を纏めてみました。ぜひ、ご参考にして頂けたら嬉しいです*

<1>【栃木県】鬼怒川温泉で冬でもワーケーションできるプラン


まずは、「温泉×ワーケーション」がテーマのプランです。キャンピングカーを東京都立川市の武蔵砂川駅で借りて、日光方面にドライブ!ワーケーションスポットである、RVステーション 川治電話交換センターは、NTT東日本が運営する施設で、車中泊スポットに高速WiFiが飛んでいるので、仕事するのには困りません!予算は、2人の場合、1人あたり12,000円 / 1泊2日です!


ご予約はこちら:

<2>【栃木県】塩原温泉で冬でもペット旅を楽しめるプラン


そして、「温泉 × ペット旅」がテーマのプランがこちら!キャンピングカーを、東京都墨田区の京成曳舟駅で借りて、那須塩原方面に行くと、キャンピングカー旅行者に有名な車中泊スポット RVパーク那須塩原エヅリン が現れます。近くには日光江戸村や鬼怒川温泉があり、ペット利用も可能のため、愛犬とのペット旅を満喫できます。予算は、4人の場合、1人あたり13,000円 / 1泊2日です!


ご予約はこちら:

<3>【静岡県】伊豆のプライベートキャンプ場で家族とまったりプラン


続いて、「プライベートキャンプ×家族旅」がテーマのプランです。キャンピングカーを、東京都足立区の竹ノ塚駅で借りて、伊豆半島へ向かいます。御殿場を超えて、東伊豆にたどり着くと、伊豆海の森スマイルキャンプ場があり、プライベートキャンプをまったりと楽しむことが出来ます。予算は、6人の場合、1人あたり5,000円 / 1泊2日です!


予約はこちら:


<4>【山梨県】多摩上流の原風景と山の幸を楽しめるプラン


最後に、「山の幸×温泉」がテーマのプランです。キャンピングカーを、東京都墨田区の京成曳舟駅で借りて、奥多摩方面へ向かいます。奥多摩湖を過ぎて、東京と山梨の県境に位置するのが、RVパーク 道の駅こすげです。こちらは、道の駅に併設されている車中泊スポットで、敷地内にレストランと温泉があるので、ここを拠点に四季折々の里山文化を体験することができます。予算は、4人の場合、1人あたり9,000円 / 1泊2日です!


予約はこちら:




いかがでしたでしょうか?キャンピングカーには、家にあるようなエアコンや、「FFヒーター」という、エンジンを切った状態で、ガソリンを燃料に車内を温めてくれるヒーターなどが装備されているので、冬でも車内でポカポカで過ごすことが出来るそうです。


普段はインバウンド旅客などで混雑している、スキー場や温泉地などへ、空いている今の時期にキャンピングカーで訪れてみるのも良いかもしれませんね。


いずれにせよ、感染症対策や、政府や自治体などの指示に従うのは勿論のこと、そのうえで、キャンピングカーを有効活用して、大切な人との思い出づくりをぜひ楽しんでみてください*

この記事で紹介した車/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

この記事をシェアする

旅が大好きなエンジニア!初心者バンライファー。 「バンライフ」に出会い、好きなところに行き、好きなところに泊まれる魅力にハマりそう…。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device