あなたのキャンピングカーを登録して副収入を得ませんか?
栃木で車中泊!「RVパーク那須塩原エヅリン」にえりたく夫婦が行ってきた
栃木で車中泊!「RVパーク那須塩原エヅリン」にえりたく夫婦が行ってきた

栃木で車中泊!「RVパーク那須塩原エヅリン」にえりたく夫婦が行ってきた

えりたく夫婦の嫁。ハスラーで日本中を旅する毎日。旅とお酒と歌うことが大好き。 ・Twitter & Instagram: @erincology

ハスラー車中泊で日本一周中のえりたく夫婦・菅原恵利です。今回は、栃木県那須塩原市にあるCarstayステーションRVパーク那須塩原エヅリンに夫婦で実際に車中泊してみた体験談をご紹介します。



栃木の車中泊旅に行かれる方は、ぜひ参考にしてみてください♪

RVパークとは?

RVパークとは、日本RV協会が公認した「快適に安心して車中泊が出来る場所」を提供している日本全国の車中泊スポットです。


道の駅、温泉施設、オートキャンプ場、駐車場等の一画に車中泊専用の有料宿泊エリアとして設けてあり、一般駐車場よりも広々としたスペースの為、キャンピングカーや大きめのバンでも快適に車中泊が出来ます。


24時間利用可能なトイレ、100v電源供給設備、ごみ処理を引き受けるシステムや、 ほとんどのRVパークではシャワーも利用可能になっています。

那須塩原ってどんな場所?

RVパーク那須塩原エヅリン」がある那須塩原市は、栃木県の最北部に位置しています。美しい自然に囲まれていて、日光大田原などの有名所で観光するには立地的に便利な車中泊スポットです。こちらのホストさんも「ここはちょうど何もない場所だからこそ、RVパークを作った」と言っていました。日中は観光して、夜は設備が整った場所で静かに車中泊したい方には、確かにちょうど良い場所でした。


「RVパーク那須塩原エヅリン」に到着!

真夜中に「RVパーク那須塩原エヅリン」到着。周りは本当に静まり返っていて、コンビニなどのお店は何もありません。真っ暗な中を進んで行って「本当にこんな所にあるのかな?」と思いきや、目的地には明るいライトに照らされた「RV PARK」「EZURIN」の大きな甲板が目に飛び込んできて、すぐに「ここだ!」と分かりました。


駐車場の一角に「フロント」と書かれた小さな建物があり、入ってみると、Carstayホスト・江連さんが出迎えてくれました。ちなみに「エヅリン」の由来は、江連さんのニックネームなんだそう。(可愛い)


フロントで受付してます。
実はえりたく夫婦、RVパークに車中泊するのは初めて・・・(ドキドキ)。「このカードをフロントガラスに置いておいてください」と渡されました。
帰るとき、フロントのポストに入れる仕組み。

ホストさんは、普段こちらに居ることがないそう。色々なCarstayステーションを巡ってきたけど、ホストさんとは時間を忘れて話し込んだり、思った以上に仲良くなったりするパターンが多かったです。「またいつでも遊びに来てね〜!」と、気さくなお別れシーンがなんだかドラマチック。


今までと比較すると、RVパークは結構ドライなんだな〜・・・というか、簡易的な印象。ホストさんと深く話したり、旅先で人との繋がりを求めず、ただ設備が整った場所で車中泊したいんだ!という方には、とても良さそうですね。


と言いつつ・・・私たちはホストの江連さんに周辺観光スポット・グルメ情報を聞いたり、駐車場に駐車してあった江連さんのキャンピングカーが気になって中を見せてもらったりと、かなりグイグイ行っちゃいましたが、嫌な顔一つせず気さくに対応してくださって嬉しかったです!(笑)


ホストさんがトイレとシャワーの使い方を説明してくれました。


私たちは有料シャワーを予約していましたが、ホストさんから提携先の「大田原温泉」の利用がオススメと聞いて、こちらで割引券(通常:土日祝700円、平日600円→一律500円)を購入しました。やっぱりドライブの疲れは、簡易シャワーじゃなくて温泉で癒したい・・・!しかも500円は安い!

「RVパーク那須塩原エヅリン」で車中泊した翌朝・・・


すっかり明るくなった朝。ホストさんから「自由に使って大丈夫ですよ」と聞いていたBBQテラスの姿が駐車場の傍に現れました。車中飯も、このテラスがあれば広々使えて便利!

フロントのある建物の中は、冷暖房が効いて快適。チェックアウトまでの時間、パソコン作業や充電で使わせて頂きました。


夫・拓也の寝グセはすごい。鉄腕アトム?


「RVパーク那須塩原エヅリン」で十分ゆっくり過ごして、いざ車旅を再開♪

大田原温泉で朝風呂!

ホストさんにオススメしてもらった、日帰り温泉館・太陽の湯「大田原温泉」に行ってきました!
大浴場、サウナ、源泉掛け流しの露天風呂。無料で飲める温泉水もありました。「大田原温泉」の古びた看板のイメージとは真逆に、とにかく綺麗な施設でした!パウダールーム、休憩スペースも広々として快適。心ゆくまで、ゆっくり過ごしました。
温泉とサウナでスッキリして、大満足で出発。

ランチは、銀座のお寿司を栃木で?!

Carstayホストさんに、周辺のオススメランチを聞いてみると「ここは絶対に行って欲しい・・・!」と教えてくれたお寿司屋さんに行ってみることにしました。田舎町にひっそり佇む、喰処「ひまわり」。小さな敷地に、車がぎっしり停まっています。
暖簾をくぐると、「2名様どうぞ〜!」と暖かい声がお出迎え。
「あ〜!エヅリンさんのご紹介ね〜!」と打ち解ける。江連さん、常連さんなんだなぁ。
実は「ひまわり」の大将、元々は銀座の超有名寿司店でお寿司を握っていたそうで、江連さんは「銀座と同じ味を栃木で、しかも安い価格で食べられる!」と絶賛していました。
ランチの「生ちらし」(1,000円)
こんなにクオリティ高い、小鉢、ちらし、お椀、デザートが付いて・・・1,000円?!まさに銀座の高級店にトリップした気分。安すぎる。

和のデザートは豆乳と抹茶の風味がお上品・・・。とろける!


しかも大将は芸人さんばりに、とてもお喋りな方で。(笑)食事中にずっと話されると普通だったら不快なはずなのに、なんでだろう?不思議。全く嫌な感じがしない、むしろ心が温まる笑いを提供してくれる。人間性の高さを感じる・・・。


「私たちは夫婦は、車で日本中を旅してる」と言ったら、オススメの漁港と魚料理を紹介してくれたり、直接漁師さんにその場で電話で問い合わせて、どこの飲食店が一番美味しいかなどを教えてくれました。優しい!


そして、たまたまカウンターで近くの席に座っていた常連さんが「ここは雲丹が本当に美味しいから、食べて!!」と奢ってくださいました・・・!


雲丹の上に散りばめられた塩と、黒い粒々は海藻のパウダー。なぜ海藻かというと、雲丹は海藻を食べて生きているから、セットで食べると相性が良いとのこと。大将のアイディアと自家製の味付け。口に入れた瞬間、なるべく長い時間で噛み締めていたい・・・と、目を閉じて限界まで味わってました。


美味しすぎてニンマリ。

まとめ:初めてのRVパーク車中泊、楽しめました!

栃木観光に行くなら、Carstayステーション「RVパーク那須塩原エヅリン」はオススメです。日光では味わえない魅力を、「RVパーク那須塩原エヅリン」での車中泊を通して味わってみてはいかがでしょうか?


>>「RVパーク那須塩原エヅリン」詳細・車中泊予約ページ



この記事で紹介したキャンピングカー/車中泊スポット/体験アクティビティのご予約はこちらから

この記事をシェアする

えりたく夫婦の嫁。ハスラーで日本中を旅する毎日。旅とお酒と歌うことが大好き。 ・Twitter & Instagram: @erincology

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device