シルバーウィークや年末年始にお得に旅できる、長期割引車両はこちら
仙台で軽キャンピングカー「ESCAPEDE号」をレンタル!貸し出しの流れ&おすすめポイント
仙台で軽キャンピングカー「ESCAPEDE号」をレンタル!貸し出しの流れ&おすすめポイント

仙台で軽キャンピングカー「ESCAPEDE号」をレンタル!貸し出しの流れ&おすすめポイント

2023年7月20日
トラベル

大阪府出身、DIYした軽キャンピングカーで日本一周中のフリーランスライター、旅インフルエンサー。SNSではリアルタイムのキャンピングカー旅の様子を発信中。夢はバンライフで世界一周をすること。

先日、Carstay(カーステイ)のサービスを使い、宮城県仙台市にて軽キャンピングカーをレンタルしてみました。


レンタルした車両で、2023年6月17日〜6月18日に茨城県高萩市の「オートリゾート in はぎビレッジ」にて開催されたイベント「メイクデビュー車中泊」に参戦!


今回の記事では、軽バンを実際にレンタルするまでの流れや、この車両を選んだ理由、おすすめポイントと合わせて、イベント当日のようすもご紹介します。


車両をレンタルした仙台市から2時間圏内で行けるおすすめスポットも合わせてご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

軽キャンピングカーを選んだポイントと、借りるまでの流れ

運転初心者にも安心な「軽バン」をレンタル

ESCAPADE号。4WD仕様で見た目もかっこいい!


今回お借りしたのは、宮城県仙台市でレンタルができる「ESCAPEDE号」(¥4100〜/ 24時間 )です。軽バンを車中泊仕様に改造したクルマで、乗車定員は4名、就寝定員は2名になっています。


私は普段、軽キャンピングカーに乗っているので、大きいサイズのクルマを運転することに多少の不安がありました。そこで、普段乗っているクルマとサイズがあまり変わらない、軽バンタイプのキャンピングカーをお借りすることにしたんです。


特に「バンライフや車中泊をしてみたいけれど、大きなキャンピングカーやバンを運転する自信がない」という方には、コンパクトサイズの軽バンがおすすめですよ。


また、軽バンは1万円以下で借りられる車両が多く、予算を押さえてキャンピングカーをレンタルしたい、というときにも最適です。


さらに、今回レンタルした車両は4WDなので、林道や冬場の雪道での運転も安心◎

仙台市から1時間圏内の三陸海岸や蔵王連峰など、自然を思う存分楽しむことができますよ。

事前にホルダーとチャットでやりとり!質問もでき安心です

駅の近くまで配車をして頂きスムーズに受け渡しができました


Carstayのサイトや公式アプリから、キャンピングカーのレンタル予約が可能です。予約後は、チャット機能で予約した車両を貸し出しているホルダーさんと、直接やりとりをすることができます。


事前に配車場所や時間などを相談したり、不明点を聞くこともできるので安心です。


今回車両をお借りしたホルダーさんは、中古車店を運営されていてほぼ毎日受け渡しが可能とのことでした。


中古車店までクルマでレンタル車両を受け取りに行き、マイカーを預かってもらうこともできますし、周辺駅までの配車(有料:往復1回2,000円)にも対応してくれるそうです。


今回私は、周辺駅までの配車をお願いしました。配車時にはクルマの説明をしていただき、不安な点があればその場で質問をすることも可能です。

大充実!手ぶらで車中泊を楽しめる「ESCAPEDE号」設備&レンタルオプション

車両をレンタルした宮城県仙台市から茨城県高萩市のキャンプ場までは、下道を使って5時間ほど。途中で道の駅などに立ち寄りしっかりと休憩を挟んだので、あまり疲れることもなく運転も快適でした。


また、車内には設備や備品が豊富に揃っており、手ぶらで行っても問題なし。2泊3日のレンタル期間中、まったくストレスなく過ごすことができました。


以下で「ESCAPEDE号」の装備やレンタルオプションについてご紹介します。

①テーブル&チェア(追加料金なし)


パソコン作業をしたり、食事を取るのにぴったりなテーブルとチェアは、なんと無料でのレンタルが可能。


チェアは折り畳み式なので、寝る時など使わない時は畳んで収納することができます。


自然豊かで景色の良い場所にクルマを停め、バックドアを開けて風を感じながらパソコン作業をしましたが、清々しくてかなり作業が捗りました!

②コット・インフレーターマットなど寝具一式(追加料金なし)



車内で寝るための寝具も、無料でレンタルすることができます。コットの上にインフレーターマットを敷くと、フカフカで寝心地も最高。朝までぐっすり、快適に眠ることができました。


また、私が車両をレンタルしたのは6月の半ばで、車中泊をした場所が山ということもあり、朝晩の気温差がかなりありました。


夜間は想像以上に冷えこみましたが、無料レンタルのブランケットが大活躍!寒さを感じることなく眠ることができ、とてもありがたかったです。

③大容量ポータブルバッテリーと扇風機(追加料金なし)


夏の車中泊では必須アイテムのサーキュレーター&ミニ扇風機や、電化製品の使用に欠かせない、ポータブル電源「EcoFlow RIVER Pro」も、無料でのレンタルが可能です。


RIVER Proは、大容量720Whの大容量ポータブル電源。1200Wまでの高出力電気製品に対応しているので、サーキュレーターはもちろん、IHクッキングヒーターなど消費電力高めの家電製品も使うことができます。


1〜2人での車中泊に最適ですね!

④ガスコンロや調理器具(追加料金なし)


調理に役立つガスコンロやIHクッキングヒーター、ケトルや鍋も借りることができるので、手ぶらでも車中飯やキャンプ料理を作ることが可能です。


追加オプションでBBQ設備一式を借りることもできるんですよ!


私は今回、調理道具を使って鍋料理や焼きそばなどを作りました。イベント参加者と共に調理を楽しみ、充実した時間を過ごすことができましたよ。

趣味の合う仲間に出会える!車中泊イベント

レンタルした軽キャンで「メイクデビュー車中泊」に参加してきた

イベントに来ていたCarstay公式アンバサダーの皆さんと


今回はキャンピングカーをレンタルし、Carstay公式アンバサダーの「 競バンライフ」さんが主催の車中泊イベント「メイクデビュー車中泊」に参加してきました。


「バンライフに興味がある!」という車中泊・バンライフ初心者向けに開催された今回のイベントには、20組以上の方々が参加。用意されたイベントコンテンツで盛りあがったり、参加者同士で交流を深めたりして、思う存分楽しむことができました。


また、今回のイベントは、茨城県高萩市にあるCarstayの車中泊スポット「オートリゾートinはぎビレッジ」にて開催されました。


こちらの車中泊スポットは、小山ダムやダム湖を望む自然豊かな場所に位置しており、ヤシの木や白を基調とした建物が特徴的。リゾート感満載で、長く滞在したくなるスポットなんですよ。


▼「オートリゾートinはぎビレッジ」レビュー記事


車中泊系イベントというと、クルマを持っている人しか参加ができないイメージがありますよね。しかし、Carstayでキャンピングカーをレンタルすることで、気軽に車中泊イベントに参加することが可能になります。


実は今回のイベントには、私以外にも Carstayでキャンピングカーを借りてきた、という方がいらっしゃいました。


車中泊イベントは「実際にバンライフをしている」「車中泊歴が長い」といった人たちが多く集まります。車中泊友達を作ったり、バンライフのための情報収集にもおすすめです。


▼「メイクデビュー車中泊」のようすは以下をチェック!


絶景を望みながらこまめに休憩!体力温存しながらイベントを楽しむ

ダム湖が一望できる「レイクビューエリア」で休憩


イベント中は日中気温が上がり、暑さや疲れを感じる場面もありました。少しでも疲れたと感じたら、クルマに戻ってひと休み。そんな過ごし方ができるのも、車中泊旅のよいところです。


今回は、滞在した場所が、ダム湖の見える絶景のキャンプサイト。こまめに車内に戻り、風にあたりながら景色を眺めて、ゆっくりと休憩を取ることができました。


体力を温存しながら過ごすのが、イベントを思う存分楽しむ秘訣かもしれません。

仙台から2時間以内で行くことができる、東北旅おすすめスポット

宮城県仙台市でレンタルができる「ESCAPEDE号」。このクルマをレンタルし、仙台を拠点に東北旅を楽しむ際のおすすめスポットをご紹介します。

1.蔵王・御釜(おかま)


蔵王・御釜(おかま)は、今から1,000~2,000年ほど前の噴火でできた、神秘的な火口湖です。仙台市街からは、蔵王エコーライン経由で90分ほどで行くことができます。


「蔵王刈田リフト」を利用すれば、御釜観賞ポイント(展望台)までは徒歩約5分。お子さん連れの方でも気軽に楽しむことができるのでおすすめです。

2.磊々峡(らいらいきょう)


仙台市からクルマで30分ほどの場所にある、奥州三名湯(おうしゅうさんめいとう)のひとつ、「秋保(あきう)温泉」の景勝地である磊々峡(らいらいきょう)。


名取川に浸食された巨岩奇石が覆いかぶさるように迫る、とても美しい峡谷です。


秋保温泉は日帰り入浴もできるので、車中泊の際にぜひ立ち寄ってみてください。

宮城県で車中泊できる!Carstayの車中泊スポット

宮城県には現在、Carstayの車中泊スポットが9箇所登録されています。

温泉施設の駐車場やキャンプ場など、さまざまなタイプの車中泊スポットがあります。ぜひチェックしてみてくださいね。



キャンピングカーを借りて、バンライフを体験しよう!

今回は、車中泊イベントに参加するためにCarstayでレンタルした、「ESCAPEDE号」についてご紹介しました。


宮城県仙台市から茨城県高萩市までの長旅ではありましたが、こまめに休憩を取りながらのドライブはとても快適!最後まで疲れを感じることなく、イベントを楽しむことができました。


クルマを持っていないという方も、ぜひ一度Carstayでキャンピングカーを借りて、バンライフ体験をしてみてくださいね。



▼今回ご紹介した車両のレンタルはこちらから!

軽バン バンライフ バンキャンプ 体験車中泊「ESCAPADE号」|宮城県仙台市青葉区茂庭|キャンピングカーレンタル・カーシェア予約はCarstay

宮城県仙台市で受渡す事が出来る4人乗り・1~2名就寝可能なダイハツ・ハイゼットカーゴがベース車両の車中泊バンライフ体験車両です。ホルダーは中古車店の為、ほぼ毎日受渡が可能です。場所は仙台市西部に位置しており、海も山も1時間圏内の位置にあります。三陸海岸や蔵王連峰をはじめ、東北各地の山々・自然を満喫いただくのに車をお使いいただければと思います。4WDの軽自動車なので、林道や冬場の雪道などでの移動も安心です。ポータブル電源や電気毛布、ガスヒーター、コンロなどの貸出もおこなっております。レジャー スポーツ SUP サーフィン スキー スノーボード 釣り 山登り 観光地巡り 絶景撮影の為の移動と前後泊など 日昼はアクティブに活動し目的を達成したら次の目的地へ 行ける所まで行って疲れたら仮眠可能な駐車場で気軽に車中泊 エンジンoffでも家電が使えるポータブル電源装備 IHクッキングヒーターや電気毛布付属 普段ご家庭でご使用の家電の持込もOK 季節を楽しむレジャー、ご旅行などでお使いいただければ幸いです。もしご不明点がありましたら、予約リクエスト時に遠慮なくご質問くださいませ。 ※こちらは長期割引対象車両です。予約リクエスト画面で予約前に割引率を確認できます。 └ 72時間(3泊)以上の予約 : 利用料金の10%OFF(契約料・保険料は除く、以下同) └ 120時間(5泊)以上の予約 :利用料金の20%OFF └ 240時間(10泊)以上の予約 : 利用料金の30%OFF └ 480時間(20泊)以上の予約 : 利用料金の40%OFF └ 720時間(30泊)以上の予約 : 利用料金の50%OFF

https://carstay.jp/ja/cars/634f9839fc9091303c93fb78/




この記事をシェアする

大阪府出身、DIYした軽キャンピングカーで日本一周中のフリーランスライター、旅インフルエンサー。SNSではリアルタイムのキャンピングカー旅の様子を発信中。夢はバンライフで世界一周をすること。

Bg cover
Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device