【動画】キャンピングカーをお持ちの方はぜひご覧ください!
鹿児島と沖縄の離島をめぐるバンライフ ~名前のない自然を求めて~
鹿児島と沖縄の離島をめぐるバンライフ ~名前のない自然を求めて~

鹿児島と沖縄の離島をめぐるバンライフ ~名前のない自然を求めて~

2018年から家を断捨離して、中古キャンピングカーでバンライフ&リモートワークをしながら日本一周をしています。

VANLIFE JAPANでは、各地のバンライファーに定期的にインタビューをしています。


今回お話を伺ったかたは、海外でバンライフ経験もあるピッ子さんです。趣味のセーリングを満喫すべく、日本の美しい海を巡る旅をされています。

関東出身のピッ子さんが海外に飛び立ち、そして帰国後に日本の魅力にどっぷりハマるまでのエピソード、そして現在のバンライフの様子を聞かせていただきました!

 海外生活時のバンライフとの出会い

海外へ飛び立った時のことと、乗っていた車について教えてください。

ワーキングホリデーで、オランダを中心にヨーロッパ圏で9年の海外生活を経験しました。


海外生活5ヶ月目に車を迎えたことにより、行動範囲が一気に広がりました。

ヨーロッパ時代の愛車はルノー・エクスプレスです。 改造車で、通勤などの普段使いと、長期のバカンスとしての役目をこなしてくれました。ポルトガルや スカンジナビア、クロアチアの島々にも訪れることができ、長旅でしたが印象に残っています。


フィヨルド(ノルウェー)の離島めぐりはフェリーに乗って


もともとは運転が得意なほうでなかったので、クラッチ切り替えが必要な運転は面倒に感じていました。しかし滞在先のオランダではマニュアル車が当たり前。オートマ車は老人向けというイメージが強い地域でした。


心を決めてマニュアル車を購入。人生初のマイカー、そして私の愛車となりました。

日本でバンライフを始めるまで

ヨーロッパでの生活を終えて帰国後、日本でバンライフはすぐに始められたのでしょうか?

日本に帰国して数年は都会で生活していました。職探しに困らないだろうという理由で選び、実際生活は楽しかったのですが、元々島好き&海の近くに住みたいという思いが大きくなり、鹿児島県内のある島に移住することにしました。


車を所有していなかったので、最初は 車なしでも苦にならない場所を検討しました。手頃なお値段で、 走行距離も少ない箱バン辺りが出れば、その時は迎えようかぐらいのスタンスでした。


そこから軽の箱バンを探していたところ、その三菱ミニキャブバンとの出会いがあり、購入。1995年のガソリン車です。

今も大切に乗っています。シンプルに「車中泊できない車に乗ろう」と思って購入しましたね。

そして2020年10月からバンライフを開始しました。

車内は自分好みにDIY


日本には綺麗な海が多いですが、離島の海は混み合うことがなく、美しい浜を今日も独り占めです。島の山の方面だとWi-Fiが拾えることもあるのでそれ目当てに訪れることはあります(笑)


車に機能を追加しながら、年間の半分をバン暮らししている生活です。

こういう人を英語圏では「パートタイムバンライファー」と呼ぶらしいです。夏のように気候が良い時期はバンライフがいいなと思います。


現在も、趣味のセーリングを満喫するべくバンライフをしています。



セーリングは穏やかな海で生き物をゆっくり見られるのですが、リアス式海岸特有の穏やかな波が好きです。

天候には左右されることが多いので、移動先の場所の地図を緻密に計算しておくのにも慣れました。日本には綺麗な海が多いですが、できるだけ人工的な海ではなく、天然の海の近くでバンライフを続けたいなと思っています。

車中泊旅のなかで身に付いた習慣

車中泊で移動しながら海を満喫するバンライフをするうえで、習慣などはありますか?

学生時代からどうしても無理だった、早起きが自然にできるようになりました(笑) 海近くでは、太陽や月の美しい満ち欠けを見ることができます。朝の明るい時間にコーヒーを飲みながらゆっくり過ごします。


川の近くに車を停めて、コーヒーを入れる日常


移動中、川にありつけると嬉しいですね。普段の島の生活でも水を汲みに行っています。やはり移動しながら生活用水にありつけると、たいてい何日か延長して滞在します。仮に次の場所 に進んだとしても、また戻ってきて居心地を再確認。水道水を汲むことは極力しないですね。 

いろんな離島で車中泊旅をされているのでしょうか?

はい、島が大好きで、鹿児島の離島を始め、沖縄も本島からいろんな離島に出かけました。人口100人未満の島もあちこちにあります。

フェリー代はかかりますが、ひとつの島への滞在期間は結構長くて…8〜9週間くらいかけて滞在します。もうどこもかしこも、魅力がいっぱいで!!

島内を巡る際は100%車中泊です。キャンプなどもトライしたのですが、私はちょっと慣れなくて結局出てきちゃいました。就寝は車内が落ち着きます。

名もない秘境スポットを巡る日々

一番の思い出を教えてください。

そうですね、ひとつ面白かった話を。


 新しい島に着いた日、遅いランチをとり終えて車の中でコーヒーを淹れていたところ、見た目には全然お店っぽさは醸し出していないと思うのですが、移動販売の コーヒーショップに間違われたことがありました。一切お店がない島で、地元の方が小銭を出して「コーヒー買いにきたよ~」って(笑)


それからその人はほぼ毎日、別のお客さんを連れてコーヒーを飲みにきてくれました(笑)



マイナーであればあるほど、様々なチャンスがあると感じています。 いわゆる“観光地”は、色々な制限が出てきます。これは言わば人間界のルールですよね。 でも私は自然の形で出会いたいから、自分で求めずに自然から寄ってきてくれる、そんな魅力を バンライフを通じて感じています。


人と出会うことも魅力です。 バンライフでたくさんの人やモノと出会えるチャンスが広がって、関係が深まりました。

バンライフの最大の魅力をずばり教えてください。

フリーランスで仕事をしている強みもあり、好きな場所で好きなように、自分のペースで生きられるのが最大の魅力ですね。

天候や海の状況に合わせて、海に行ったり仕事をしたり。



離島で車中泊していると見えてくることですが、島によっては空き家だらけの土地もあります。

島に行くたびに心のどこかで「この場所こそ自分がいるべき場所なんじゃないか…」と思うこともしばしばです。

ただ、バンライフは一か所に定住するよりもノマドチック。そういう生活を、自分はこれからしばらくは続けていきたいなと思っています。

お話を伺ったかた:ピッ子さん

日本国内のみならず、海外生活経験も。人の手で整えられた海ではなく、自然で天然の表情を見せてくれる海が大好きで、目の前に海がある生活をすべくバンライフをされています。


*******

かくいうインタビュアーの私も離島に憧れており、日本一周が完走したら離島一周をしたいと思っています。

離島でバンライフブーム到来か?!

*******


▼長崎・五島列島の福江島で借りられるバンも要チェック!


この記事をシェアする

2018年から家を断捨離して、中古キャンピングカーでバンライフ&リモートワークをしながら日本一周をしています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device