🌸学割キャンペーン実施中!25%オフクーポン🎁
バンライフしながらワーケーション!「新しい働き方」をはじめよう
バンライフしながらワーケーション!「新しい働き方」をはじめよう

バンライフしながらワーケーション!「新しい働き方」をはじめよう

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

観光地やリゾート、絶景ポイントなどで休暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」。実は、バンライフとの相性も抜群です。


ここ数年でバンライフと同様に注目されるようになったワーケーションは、時間や場所にとらわれない新しいライフスタイルとして、多くの人から注目を集めています。


今回は、バンライフとワーケーションを組み合わせた、新しい働き方の魅力についてご紹介していきます。

新しい旅のかたち「バンライフ」の魅力


バンライフとは、キャンピングカーや車中泊仕様にDIYしたクルマで寝泊まりしながら旅をする、「新しい旅のスタイル」です。


時間や場所にとらわれず、好きな場所に好きなだけ滞在する。この数年でそんな自由な旅を楽しむ人が少しずつ増えてきている印象です。


クルマを移動手段としてだけではなく、寝泊まりする場所として利用することで、趣味や興味に合わせて柔軟に旅ができるようになりました。


クルマで寝泊まりすることで、宿泊費用を安く抑えることができるのもバンライフの魅力のひとつ。浮いたお金でより長い期間旅を続けたり、旅先での観光やアクティビティなどにお金をかけることも可能です。


アウトドアなどのアクティビティを楽しんだり、クルマを拠点に観光地を巡ったり、自然豊かな場所でのんびりと過ごしたりと、楽しみ方は人それぞれ。



バンライフが人気となっている理由として「自分のスタイルに合わせて自由に旅を設計できる」点があると思います。

休暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」


ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、観光地などで休暇を楽しみながら仕事をすることを指します。


この数年でリモートワークの普及やフリーランスとして働く人が増えました。会社という場所に縛られることなく、ネット環境さえ整えばどこにいても仕事ができるようになったため、自宅を職場にしたり、近所のカフェやコワーキングスペースで仕事をする人も多いようです。


また会社に行く必要がないため、観光地など旅先で過ごしながら仕事をするという働き方も選択が可能になりました。このような背景で誕生したのがワーケーションという働き方です。


普段の職場とは違う環境で仕事をすることで集中力が増し、仕事の効率がアップ。さらに仕事と休暇を組み合わせることで、ストレスの軽減や心身のリフレッシュも期待できるんです。


旅行に出かけるために長期休暇を取得し、休暇中の仕事に支障が出ないように前倒して業務をこなしたり、引き継ぎをするといった事前準備も必要なくなります。ネット環境さえあれば、トラブルや急な案件にも対応することが可能です。


インターネット環境の向上や社会の変化によって、これまででは考えられなかったこういった働き方が、選択肢のひとつとして選べるようになりました。

「バンライフ」と「ワーケーション」を組み合わせるメリットとは


ここまで見てきたように、「バンライフ」「ワーケーション」が人気となっている理由には、共通する部分があります。それは「自由」や「柔軟性」といった言葉にあります。


働き方の自由度が増すことで、生活全般をより自由で柔軟なものにしていくことができるんです。


好きな場所に滞在し、自分のペースで仕事ができるワーケーションという働き方と、時間や場所にとらわれないバンライフという旅のスタイル。この2つを合わせることで、場所や時間にとらわれない働き方が実現します。


豊かな自然環境や滞在する土地の文化に触れながら仕事をすれば、「仕事の充実感」と「旅の魅力」を同時に味わえるようになりますよ。

「自由で柔軟な働き方」のための準備


バンライフとワーケーションを組み合わせて旅と仕事を両立させるためには、事前にどんな準備をすればよいのでしょうか。


いつでもどこにいても仕事ができるという環境を作るためには、ノートパソコンやタブレットといったモバイルツールと、ネット環境、ポータブル電源などが必要になります。


また、クルマで寝泊まりするために、車中泊マットや寝袋といった寝具や、LEDランタンなど車内用の照明も用意しておきましょう。


仕事をする環境に関しては、事前に目的地の近くにあるコワーキングスペースやカフェなどを調べておき、利用するのもおすすめです。


絶景を求めて周囲に何もないような海岸や山の中にクルマを停めると、「スマホが圏外」ということがよくあります。出発前に、ネット接続が可能な周辺施設を調べておくと安心です。


▼テーブルやネット環境が整っている車中泊スポットの例(千葉県)


最近ではカフェでもWi-Fiに対応し、充電用のコンセントを備えたお店がたくさんあります。さらにコワーキングスペースではコピー機やプリンターを使えたり、オンラインミーティングで利用できる個室を備えた店舗もあります。


こういった場所をうまく利用することで、より快適な環境で仕事に取り組むことができますね。

「仕事」と「旅」のバランスについて


バンライフとワーケーションを組み合わせる際には、仕事と旅のバランスを取ることがとても重要になります。


旅を楽しみすぎてしまい仕事が疎かになってもいけませんし、逆に仕事を詰め込みすぎてしまうと「旅を楽しむ余裕なんてなかった」ということになってしまうかも。


自由で柔軟性が高いということは、すべてを自分でコントロールできるということです。しっかりとスケジュールを立てて、仕事の時間と旅行やレジャーの時間を区切るようにしましょう。

ワーケーションを行う上での課題と解決策


仕事も休暇も充実したものにするためには、「集中力の維持」や「効率的な働き方」が課題となります。


毎日決まった時間に会社に出勤して自分のデスクで仕事をすれば、デスクに向かうことでスイッチが入り、集中して仕事に取り組むことができますよね。ワーケーションの際にはこのような普段の仕事の流れとはまったく違う形で、オンとオフの切り替えをする必要が出てきます。


ワーケーションでは、観光やアクティビティなどの誘惑がたくさんあるなかで仕事を進めていくことになるため、仕事の時間を確保したり、事前にスケジュールを決めておくなど「時間の管理」がとても大切なポイントになるんです。


「ここからは仕事の時間」と決めたら、頭を仕事モードに切り替えて、集中して仕事に取り組めるように環境を整えておきましょう。


また、職場や自宅から離れて仕事をするワーケーションでは、「業務の合間に同僚とちょっとした雑談をする」といったコミュニケーションがなくなるため、孤独感を感じてしまう人もいるようです。


孤独感を感じないためにも、日頃からオンラインミーティングなどを利用して業務報告を行なったり、滞在先のコワーキングスペースを利用して他のワーケーション中の人や現地のリモートワーカーと交流するなど、積極的に人との繋がりを作るよう心がけましょう。

時間や場所にとらわれない、自由な働き方をはじめてみよう!

今回は、バンライフとワーケーションを組み合わせた新しい働き方についてご紹介しました。


好きな時に好きな場所で、仕事をしながら休暇を過ごす。バンライフとワーケーションを組み合わせることで、新しい旅や暮らし方の可能性が見えてきたように感じています。


自由度の高いワークスタイルに興味がある方は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Bg cover
Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device