クリスマスプレゼント企画!100万円山分けキャンペーン実施中!
キャンプで至高のコーヒーを味わおう!淹れ方や豆の選び方を紹介
キャンプで至高のコーヒーを味わおう!淹れ方や豆の選び方を紹介

キャンプで至高のコーヒーを味わおう!淹れ方や豆の選び方を紹介

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

キャンプの最中は、1日を屋外で過ごすことが多いかと思います。

緑や水、吹き向ける風を肌で感じ、夜には焚き火や星空を満喫するのは、最高のひと時でしょう。


この記事では、キャンプ・車中泊でいただく至高のコーヒーの作り方を

淹れ方と豆の生産地・保存状態に着目してご紹介します。

コーヒーを淹れる4つの方法、淹れるコツや必要な道具も紹介

コーヒーの淹れ方は以下の4つです。

  1. ドリップ方式
  2. パーコレーター
  3. フレンチプレス
  4. マキネッタ(直火式エスプレッソマシン)

2〜4の淹れ方は、初心者の人でも簡単にコーヒーを作れます。

淹れ方の違いが味にも影響しますので、ぜひ参考にしてください。


なお、コーヒーの粉ではなく豆を持って行くなら、豆を粉砕するための「コーヒーミル」も忘れずに持って行きましょう。


定番の「ドリップ方式」


カフェや喫茶店によくあるような定番を味わいたければ

「ドリッパー」と「フィルター」を使用したドリップ方式がおすすめです。


グラスの上にフィルターをセットしたドリッパーを設置し、そこへコーヒー豆を入れてから

お湯を注いで抽出する方法です。カフェや喫茶店でもよく見られる、最もオーソドックスな淹れ方です。

一番簡単に安定して美味しく淹れられる淹れ方です。


抽出中にフィルターが豆の雑味を吸収するので、繊細な味わいを感じられます。

馴染み深い淹れ方ということもあり「今コーヒー作ってます!」感を、最も感じる淹れ方ともいえます。


また、ほかの淹れ方とは違い、工夫次第で味を大きく変えられる点も魅力ですね。

具体的には、お湯の温度や注ぎ方、ドリッパーとフィルターの種類によって、味わいを調整できます。

ただし、自在に味わいを調節するにはスキルが必要です。


①味を調節するなら、ドリッパーの形状に着目

コーヒーの味の決め手は、お湯が豆を通過する速度です。

通過する速度が速ければあっさりした味わいとなり

逆に遅ければコーヒー豆が長く染みている分、濃厚な味わいとなります。


お湯が豆を通過する速度の変化が顕著に出るのは、ドリッパーの形状の変化です。

ドリッパーが「台形式」の場合はお湯が通過するのが遅いため、安定した味わいを維持できます。


一方、ドリッパーが「円錐式」の場合はお湯が通過するのが速いので、

濃厚な味わいにするにはお湯の注ぎ方を工夫する必要があります。

そのため、「円錐式」については初心者が扱うには慣れが必要です。


「円錐式」は、味わいを自在に変えられる可能性を秘めているため

理想のコーヒーの味を追い求めるならおすすめです。


②バランスのとれた味わいになするには、お湯の温度は87~88℃が理想

お湯を注ぐときの適温は87〜88℃といわれています。

目安としては、沸いたお湯をコーヒーポットに移した時の温度が、適温に近いそうです。


適温よりも高い90℃〜95℃では「苦味」、低い80℃〜85℃では「酸味」が強く抽出されます。

お好みの味わいになるよう温度調節してください。

なお、100℃に沸かしてすぐのお湯を注ぐと「雑味」も一緒に抽出してしまうので、少し冷ましてから注ぎましょう。


なお、注いだお湯は最後まで落とし切らないでください

お湯を注いだあと、最後に残ったものには豆のエグみが濃縮されています。

味を劣化させる原因ですから、お湯が落ち切る前に潔く捨てましょう。


出典:晋遊舎ムック 便利帖シリーズ026 LDKコーヒーの便利帖


素材の味を楽しめる「パーコレーター」


豆自体の味を大人数でたしなむなら、「パーコレーター」を使用した淹れ方がおすすめ。


パーコレーターはケトルのようにも見える道具で、内部に豆を挽ける仕組みになっています。

直火でお湯を沸かしていき、お湯にコーヒーの色がついたら完成です。


ドリップ方式とは違いフィルターを使用しないため、豆の雑味や油を含んだ独特のコクを味わえます。


パーコレーター自体がケトルの役目も兼ねているので、持ち物が少なく済むのも魅力です。

そのうえ1台で大量のコーヒーを作れるので、大人数のキャンプに適しています。

カフェや喫茶店では見られないアウトドア特有の淹れ方ですから、雰囲気作りにも一役買います。

お手軽操作の「フレンチプレス」


豆自体の味わいを手軽に感じたい人は、「プレス機」を使用したフレンチプレスがおすすめです。


プレス機に挽いた豆とお湯を注いで4分待つだけで抽出できます。「浸漬法」と呼ばれる抽出方法のため、美味しいコーヒーを淹れるコツなどは一切ありません。



道具さえ揃っていれば、誰でも簡単にコーヒーを作れます。


抽出されたコーヒーには豆の雑味や油を含むので、コーヒー豆の香りを堪能できます。

圧力ですばやく抽出する「マキネッタ(直火式エスプレッソマシン)」

濃い味が好きな人は、「マキネッタ」を使用した淹れ方がおすすめ。


豆と水を容器に入れて直火で加熱するだけで

簡単にエスプレッソ(味の濃いコーヒー)が作れるのはマキネッタだけです。

お湯を沸かしたときの水蒸気圧で抽出し、エスプレッソができ上がります。


マキネッタで抽出したエスプレッソにミルクを入れ、カフェラテやカプチーノを味わうのも良いですね。


マキネッタ専用のコーヒー粉も販売されているので、マキネッタを購入予定の人は検討してみてください。

さらに美味しく仕上げるならコーヒー豆にこだわろう


淹れ方でも味は変わりますが、コーヒー豆によっても味は大きく変わります。

今回ご紹介するのは。以下の2つです。

  1. 種類による味の違い
  2. 鮮度命!コーヒー豆の保存方法

種類による味の違い

豆の挽き方・焙煎の深さによって、酸味・苦味が変わります。


コーヒー豆が細挽き・浅煎りであるほど酸味が強くなり、粗挽き・深煎りになるほど苦味が強くなります。


基本的には好みのコーヒー豆を選べば問題ありません。

しかし、もし酸味や苦味が気になった場合は、お湯の温度・お湯を注ぐ速度に気を配れば

酸味と苦味のバランスがとれた味わいのコーヒーを抽出できます。


例えば、酸味が強い浅煎り豆にはお湯の温度を上げるか、お湯を注ぐ速度を遅くする、といった具合です。


出典:晋遊舎ムック 便利帖シリーズ026 LDKコーヒーの便利帖


それから、豆の生産地によっても味が変わります。


主なコーヒー豆の生産地は、アフリカ・中南米・アジアの3大陸です。


例えば、アフリカ産のコーヒーは、ジューシーな酸味と華やかな香りが特徴。

中南米産のコーヒーは、酸味と苦味のバランスが良く、使い勝手が良いです。


アジア産のコーヒーは、国によって味の印象が大きく異なります。

ベトナム産は強い苦味、インドネシア産はハーブ感のある独特な風味があり、パプアニューギニア産はバターのようなコク・甘みがあります。


生産地ごとの特徴が大きくわかれており、味覚に合いそうな地域のコーヒー豆を探すのも楽しそうですね。

鮮度命!コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆はすぐに劣化するものですから、鮮度を保ち味を劣化させないために対策しましょう。


鮮度を保つための条件は以下の4つです。

  • 日光を避ける
  • 酸素に触れる量を減らす
  • 高温を避ける
  • 多湿を避ける


これらを全て満たすために、未開封のコーヒー豆は風通しの良い冷暗所、開封済みのコーヒー豆は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。


また、消味期限を超えた長期保存をするなら、冷凍庫で保存するのも良いですね。

ただし、冷凍庫の中と外の温度差から水滴がつきやすく、コーヒーの劣化を促進するので注意しましょう。

キャンピングカーで至高のコーヒーを味わおう

淹れ方や豆選びを工夫して、理想のコーヒーを追求するのも面白いものです。

キャンプ場で周りの人がアウトドアやレジャーに夢中になる中、キャンピングカーに籠ってコーヒー作りに夢中になるのも良いでしょう。


手間をかけてでき上がった至高のコーヒーを、キャンプ場の空気を感じながら味わうのは、家でコーヒーを作るのとは違った趣があると思いますよ。

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device