あなたのキャンピングカーを登録して副収入を得ませんか?
車中泊カーテンを使うメリットや選び方とは?
車中泊カーテンを使うメリットや選び方とは?

車中泊カーテンを使うメリットや選び方とは?

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

車中泊をする際に必要なアイテムはマットやエアコンなど色々ありますが、その中で特に大切なものがカーテンです。窓にカーテンを取り付けておけば外からの光を遮断できる上にプライバシーも守れて、車中泊での快適性が増します。睡眠をとる際にも心身共に休められて、次の日も元気に過ごせます。しかし最近ではカーテンの種類も増えていて、どれを手に取れば良いか迷うかたも多いでしょう。


今回は車中泊カーテンを使うメリット選び方おすすめのモデルの紹介します。

車内でより快適に過ごせる!車中泊カーテンを使うメリット


まずは車中泊カーテンを使うメリット!車中泊カーテンを利用すると車内の快適性が増し、過ごしやすさも異なってきます。

プライバシーを守れる

窓に何も付けていない状態だと車内が丸見えで、中で何をしているかが簡単に分かります。特に女性だけで車中泊をするとなると、その分危険性も増します。そういう時に車中泊カーテンを付けていれば覗かれる心配もなくプライバシーをしっかりと守れます。よりリラックスして過ごせて、心身共にゆっくり休められます。

車内の温度の上昇や低下を抑えられる

車中泊カーテンを使っていれば夏は日差しをカットできる上に冬は冷気の侵入を遮断でき、車内の温度の上昇・低下を抑えられます。その時の外の気温に左右されにくく、車内の温度調節をスムーズにできます。

ここに注目!車中泊カーテンの選び方

次に車中泊カーテンの選び方を紹介します。ここに注目すれば、それぞれの人・車に合う車中泊カーテンを見つけられます。

遮光性に優れている

夏の日差しが強い時期には遮光性に優れているモデルがおすすめです。カーテンの表面で日差しをガードして、車内に入らないようにしてくれます。車内温度も上がりにくく、涼しい状態をキープできる所もポイントです。

取付け方法が豊富

車中泊カーテンには吸盤式やマグネット式、レール式など色々な取り付け方のモデルがあり、取り付け方で選ぶのもひとつの方法です。吸盤式は取り付け・取り外しが簡単、マグネット式は跡が残らない、レール式は高い安定性があるなどそれぞれで異なる良さがあり、どれもおすすめです。

紫外線カット加工が施されている

車中泊カーテンの中には紫外線カット加工が施されているモデルもあります。日差しに加えて紫外線の侵入も防いでくれて、車内にいる時にも肌を日焼け

から守ることができて安心です。小さいお子様と車中泊をする時にもお子様を紫外線から守ることができて安心です。

おすすめの車中泊カーテン 車内での過ごしやすさが変わる!

ここからはおすすめの車中泊カーテンを紹介します。

Levolva フロントカーテン 200系 ハイエース 1型 2型 3型 4型 5型 6型 対応 

Amazonより

トヨタの200系ハイエース(1型~6型)専用設計のカーテンで、簡単にぴったりとフィットさせる事ができます。取付部位ごとにすでにカーテンレールがカットされている上に取り扱い説明書にはイラスト入りで書いてあるため、初めて利用する人も安心です。


生地には高級で厚手のストレッチ素材を採用しているため、気品溢れつつ優れた遮光性があります。光をしっかりと遮断してくれて、夏の強い日差しが照りつける時も安心です。気温の上昇も抑えられて、熱中症予防もばっちりです

ボンフォーム 車用カーテン 7902-05BK

Amazon より


遮光性・UVカット率共に約99%と高く、日差し・紫外線が強い時もカーテンの表面で遮断でき、車内に通しません。どの時期・時間帯でも快適な車内環境を保ち、スムーズに車中泊ができます。


フリーサイズなので軽自動車やSUVなどさまざまな車種に対応しており、使用の幅が広がります。専用の収納袋が付属しているので、持ち運び・収納するにも便利です。

Y.WINNER 楽らくマグネットカーテン

Amazonより


全長約300cm×高さ約95㎝の非常に大きいカーテンで、サイドだけではなくリアにも取り付けられます。マグネットとフックを使用しているため窓とカーテンの隙間を無くすことができ、光が車内に入らないプライバシーも守れます。快適に車中泊を楽しめて、睡眠を取る時や着替える時も安心です。


使わない時はコンパクトに折り畳めるところもポイントです。スペースを取らず、どこでも簡単に収納できます。アウトドアの際には手軽に持っていくことができます。

Canplus マグネットカーテン

Amazonより


マグネット式で、内蔵されている7つのマグネットを窓に張り付けるだけで簡単に取り付けることができます。UVカット率が99%と非常に高く、紫外線の侵入をしっかりと防げます。紫外線が強い日も安心で、肌も守れます。


メッシュ生地を採用しているところもポイントです。窓に取り付けている状態でも外を見られるので、車内からの綺麗な景色を楽しめます。メッシュ生地の素材でも他の車中泊カーテンと同じように外からは車内が見えないため、プライバシーを守れます。

メルテック スタイリッシュカーテン Meltec C-SS

Amazonより


アルミ製のカーテンレールになっていて、窓枠のカーブに沿って曲げることが可能です。カーテンと窓との隙間がほとんどなくなり、遮光性が高まるので車内温度の上昇を未然に防げます。UVカットの機能も持ち合わせていて、紫外線カットにもおすすめです。


ベルトが付いていることで、カーテンを使わないときには窓の隅にまとめることができます。ベルトにおしゃれな刺繡が入っているところもポイントです。

セイワ 楽らくマグネットカーテン

Amazonより


ワゴンやミニバン、軽自動車などさまざまな車種に対応しているカーテンです。横幅が260cmと広く、フロント・リアに加えてサイドも覆うことができます。カーテンの上部にマグネットが付いているので、位置の調節が簡単にでき、隙間をなくすことができます。


99.68%の遮光率99.8%のUVカット率を持ち合わせていて、取り付けているだけで光と紫外線を十分に遮断できます。日差し・紫外線が強い日でも安心してゆっくり過ごせます。

ナポレックス カーテン ディズニー 吸盤取付タイプ WN-37

Amazonより


表・裏の両面にディズニーのキャラクターのミニーマウスが描かれていて、可愛らしい見た目のカーテンです。車内の雰囲気を楽しい物にしてくれて、お子様が一緒の車中泊にもおすすめです。透けにくい作りなので、車内は見えにくくなっていて安心です。


吸盤式のため、簡単に取り付け・取り外しをできます。生地にはUVカット加工が施されていて、紫外線を99%カットしてくれます。紫外線が強い日でも影響を受けにくく、肌へのダメージも最小限に抑えられます。

Amazonベーシック 遮光カーテン

Amazonより


星や月、雲などさまざまな柄が付いているおしゃれなカーテンです。ベルクロによりサイズ調整が可能で、簡単にあらゆるサイズの窓に合わせることができます。カーテンと窓との隙間をなくして、外から車内が見えることがなく安心です。


厚さがある上に断熱性に優れている生地なので、光や熱を通しにくいです。そのため車内温度の上昇を抑えられて、外が暑い時でも快適に過ごせます。折り畳み式であるところもポイントで、使わない時はコンパクトに収納できで、持ち運びも楽です。

趣味職人 ココカーテン

Amazonより


フロントカーテンやリアカーテン、スライドカーテン・クォーターカーテンなどさまざまな使い方をできるカーテンです。その時の状況に応じて簡単に使い分けられて、手元に一つあると役立ちます。トリムフックによりしっかりと固定でき、途中で外れることがないため安心です。


生地は透けにくいサテン素材で、外からは車内が見えにくいです。女性も安心で、人目を気にせずに車内でゆったりと寛いだり着替えたりできます。

カーテンで快適な車中泊を!

車中泊カーテンを車内に取り付ければ、日差し・紫外線の侵入を防いだりプライバシーを守ることできます。車中泊の快適性が増し、日差し・紫外線が強い時や周りに人が多い時にも安心です。可愛いデザイン・柄が付いているモデルもあり、見た目も楽しめます。車中泊をする際にはぜひ車中泊カーテンを利用してみてください。


▼こちらの記事ではDIYで作った車中泊カーテンを紹介しています。


写真提供:

まるぴー(車種:ハイエース スーパーロングバン

キャンピングカーを所有している方へ:Carstayに登録しませんか?

Carstayでは、キャンピングカーのシェアリング登録されている方を「ホルダー」、車中泊スポットを登録されている方を「ホスト」とお呼びしています。

ホルダーやホストの新規登録はいつでも受け付けており、専用ページから詳細のご確認や資料のダウンロードが可能です。

★キャンピングカーを所有されている方はこちら

★車中泊スポットや体験アクティビティを登録される場合はこちら


その他、周りにキャンピングカーや車中泊スポットをお持ちの方がいらっしゃればぜひご紹介・推薦ください。

ご相談事項がある場合と合わせて、問い合わせフォームからご連絡いただけます。


キャンピングカーや車中泊スポットのある方、Carstayに登録してみませんか?

お持ちの車両や場所のシェアをご検討されている方、ぜひサイトをご覧ください。

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device