【動画】キャンピングカーをお持ちの方はぜひご覧ください!
快適な車中泊スポットはどう探す?安心・安全な場所でバンライフ
快適な車中泊スポットはどう探す?安心・安全な場所でバンライフ

快適な車中泊スポットはどう探す?安心・安全な場所でバンライフ

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

こんにちは、VANLIFE JAPAN編集部です!


アウトドアブームとともに注目されている「車中泊」。キャンピングカーや車中泊仕様のバンなど、自分の好きな車で寝泊まりしたい、というかたが増えてきました。


車中泊旅の満足度を左右するのが、日本全国に増えている車中泊の場所や選び方です。


「車中泊をしてみたいけれど、快適で安全な場所はどこ?」

今回は、車中泊をはじめてみたいと考えているかたへ、車中泊ができる場所の選び方や利用時の注意点を解説します。

目的別 車中泊ができる場所の選び方

アウトドアの定番、オートキャンプ場

オートキャンプ場とは、「車と一緒に楽しめるキャンプ場」のこと。自分の区画内にキャンピングカーなどの車両を駐車でき、テントやタープの設置も可能です。普通のキャンプ場では、駐車場から離れたキャンプサイトまで歩いて重い荷物を運ぶのが大変でしたが、オートキャンプ場では直接車で乗り入れられるため、荷物の搬入が簡単!



最近は施設が充実しているオートキャンプ場も多く、水洗トイレやシャワーだけでなく、電源や遊具施設、体験教室などを兼ね備えている場所もあります。

ただ、利用料金は普通のキャンプ場よりも高めの設定。大人数や家族連れなどのグループ利用でない場合は、割高に感じられるかもしれません。


また、オートキャンプ場は市街地から離れていることが多いので、近隣に飲食店などが少なく、キャンプ場以外での行動範囲が限られます。

火を使った調理など、滞在中しっかりとキャンプを楽しみたいかたにおすすめです。


オートキャンプ場の良いところ

・自然に触れながら、アウトドア生活を満喫できる

・BBQなどの火を使った炊事ができる、炊事場などの設備が充実している施設も


オートキャンプ場の留意点

・利用料金は高めなので、少人数利用の場合は割高になることもある

・滞在中にできることはキャンプ場内でできるアクティビティに限られる

便利な施設が充実。手ごろな価格も魅力的なRVパーク

「快適に安心して車中泊ができる場所」をコンセプトに、日本RV協会が推進している有料の車中泊施設です。あらかじめ決められた4mx7mほどの駐車スペースの中で車中泊をすることができる、いわゆる「施設つき有料駐車場」。


Carstayでも、複数のRVパークが登録されています。


RVパーク内には、24時間利用可能なトイレや有料の100V電源やゴミ処理システムがあり、1週間程度の滞在も可能です。また、温泉や銭湯などの入浴施設が近くにあることもRVパークに滞在する魅力です。

キャンプ場ではないのでテントの設置や車外での炊事ができないなどの制限はあるものの、料金体系も1泊1000〜3000円程度とオートキャンプ場でサイトを借りるよりも手ごろなのも魅力のひとつ。事前予約がいらない場所も多くあります。


近年の車中泊の人気にともなって、温泉、旅館、道の駅、遊園地などとも連携した拠点が各地で増えています。どのRVパークにも必ず受付があるので、車中泊初心者でも安心して利用できます。施設設備の充実度や値段がリーズナブルなところから、大掛かりな用意をせず気軽に車中泊をしたいかたにおすすめです。


RVパークの良いところ

・電源や24時間利用可能なトイレ、入浴施設など、施設内外に便利な設備が充実

・施設利用料金は1000円〜3000円程度と手ごろで事前予約不要の場所も多い


RVパークの留意点

・キャンプ場ではないので、車外で火を使った炊事などはできない(場所によっては焚火やBBQもOKなので、要確認)

・基本的に電源やごみ処理などの利用は有料

自然だけじゃない、特別な思い出を作るなら、スペースシェアリング

近年利用者が増えていることで注目されているのが、全国各地に点在する駐車場や空き地を車中泊スペースとして利用できるスペースシェアリングです。

Carstayに登録されている車中泊スポットも、このスペースシェアリングは多いです。


個人のスペースオーナーも多い分、ユニークな体験ができるのも人気の理由!

場所によっては焚き火やBBQができたり、海遊びができる所などもあるので、旅の目的に合わせてチェックしておきましょう。



また、市街地にアクセスの良いスペースを選べば、近くの飲食店やマルシェなどへ出向いたり、自然だけではない楽しみ方ができるのも魅力のひとつです。

宿泊のルールや設備は場所によって異なるので事前の確認は必要ですが、予算を抑えて自然を楽しみたいかたや、他とは違うユニークな体験がしたいかたにおすすめです。


スペースシェアリングの良いところ

・オートキャンプ場よりも手頃な価格で、自然のある場所で車中泊ができる

・市街地に近い場所を選べば、街中の観光もできて旅のスタイルが広がる


スペースシェアリングの留意点

・宿泊のルールや設備は場所により異なるので、事前にチェックが必要

快適に安心して過ごせる、温泉や施設充実の車中泊スポット

日本全国にある車中泊スポットですが、近年は温泉や施設が充実したスポットも増えてきています。どんなスポットがあるのかご紹介します。


  • 電源、Wi-Fi、個室シャワー、ウォシュレット付きトイレ、水道、自販機、ゴミ捨て場などが全て揃ったオートキャンプ場
  • 海の近くのRVパーク。宿泊の合間に釣りもできる。
  • 温泉施設に隣接したスペースシェアリング。利用料金の中に温泉使用料も含まれていて、滞在中は温泉に入り放題。近隣にカフェやラウンジも。
  • プライベートビーチのような浜辺に位置するスペースシェアリング。海からの朝日や富士山も見えることも。敷地内に古いバスを改造した予約制のバーがある。


★神奈川県三浦市にある温泉旅館の車中泊スポット!


★車中泊駐車代で朝風呂が利用できる!埼玉県のCarstayステーション


特徴豊かな車中泊の場所が増えてきていますが、旅先で出会った車中泊の人同士や、スペースシェアリングの個人オーナーとの交流が思い出になったという声も増えてきています。

道の駅はNG?宿泊の注意点や禁止事項

車中泊の人気が高まるとともに、公共の駐車場で長期間車中泊する人やゴミ処理のルールを守らないなど、一部の利用者の使い方が問題視されるようになりました。車中泊は駐車場ならどこでも泊まっていいわけではありません。また、車中泊が可能な場所も、一定のルールがあります。


道の駅やサービスエリアなどはあくまで公共の休憩施設として利用しましょう。安全に車を運転をするための「休憩」や「仮眠」は可能ですが、本当に必要な人が駐車場を使えない、ということがないように、宿泊目的の長時間利用は控えましょう。



車中泊をする際の注意点

  • サービスエリアや道の駅などの公共駐車場は、基本的に仮眠としての利用まで。宿泊は許可された場所で
  • エンジンのかけっぱなし(アイドリング)はしない。騒音や環境への配慮を。
  • 滞在中の音量や声量に注意
  • ゴミは持ち帰る
  • 決められた場所以外で火気厳禁


これらの注意点は、周囲への配慮でもあります。車中泊は自由度が高い分、周囲からの理解があってこそ成り立つものです。自分たちだけが楽しめればいいという考えではなく、周囲に配慮しながら、お互いに気持ちの良い時間を過ごせる旅にしましょう。

マナーを守って、安心・安全な車中泊旅を

移動と宿泊が車一台で実現する車中泊は、目的に合わせて自由な旅ができるのが魅力です。

初心者でも気軽に出かけられるスポットも多いので、ぜひお好きな車と一緒に旅に出てみてはいかがでしょうか?



サムネイル写真提供:はるたか

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device