春休みはキャンピングカー旅行へ!お得な長期割車両はこちら
テントで使える「キャンプ用マット」、おすすめ商品と使用メリット&選び方をご紹介!
テントで使える「キャンプ用マット」、おすすめ商品と使用メリット&選び方をご紹介!

テントで使える「キャンプ用マット」、おすすめ商品と使用メリット&選び方をご紹介!

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

キャンプ生活をするにあたって、キャンプマットは必要不可欠なアイテムです。


寝袋(シュラフ)の下に敷いて、寝心地を上げるために活用したり、硬い地面から背中を保護や冷たい地面からの底冷え防止を目的に活用したりとキャンプ生活を快適にする上で重要な役割を果たします。


ただ、サイズやメーカーが多くて種類が多く、どれを選べばいいのか、どこで買えばいいのかなど、迷われている方は多いのではないでしょうか?



今回の記事では、キャンプマットの活用シーンや、選び方、おすすめのキャンプマットなどをご紹介します


車中泊マットはこちらの記事をチェック!


過ごしやすさが数倍変わる!キャンプ用マットを使うメリット

テントで使うキャンプ用マットのメリットは以下の2つあります。

①冷気を遮断できる

キャンプ用マットは、地面に敷くだけで地面からの熱気・冷気を遮断することができます。暑さ・寒さを軽減することができるため、特に夏と冬の時期には心強い味方になりますよ。

②身体が痛くなりにくい

キャンプ用マットは地面の凹凸を防ぐことができるところもポイント。例えば石がたくさんある場所でも、体を痛めずに安心して過ごす・眠ることが可能になります。


キャンプ用マットがあるかないかで、カラダにかかる負担も大きく異なります。体力を効率よく使うためにも、キャンプをする際にはキャンプ用マットの存在がとても重要です。

注目ポイントはここ!テントで使うキャンプ用マットの選び方

選ぶ際に注目すべきポイントを理解することで、探す手間を大幅に短縮することができます。テントで使うキャンプ用マットの選び方は、主に以下の3つです。

①サイズが大きい

家族や友達など複数人でキャンプをする際には使用時のサイズの大きいキャンプ用マットを選びましょう。サイズが十分にあれば、ストレスを感じずにみんなで一緒に快適に過ごす・眠ることができます。


なかにはシングルサイズのモデルを連結させて使える商品もあります。そちらを使用すれば、人数によってサイズを変えることもできますよ。

②断熱性に優れている

地面からの熱気・冷気を少しでも防ぎたい人には断熱性に優れているキャンプ用マットがおすすめです。特に断熱性に優れているモデルは熱気・冷気を一切通さないので、暑さ・寒さが厳しい日でも快適に過ごすことができます。

③コンパクトに収納できる

キャンプ用マットの中にはコンパクトに収納できるモデルもあり、このタイプであれば持ち運ぶ時にとても便利です。サイズが大きくても車内やバッグなどにスムーズに入れることができます。


遠い場所でも簡単に持ち運ぶことができるため、キャンプでもより気軽に使うことが可能です。

快適に過ごせるおすすめの「キャンプ用マット」をご紹介!

ここからは、テントで使うおすすめの「キャンプ用マット」をご紹介していきます。

AKASOOM エアーマット キャンプ用

【Amazon】AKASOOMエアーマット キャンプ用(amazon.co.jp)より


AKASOOMエアーマットは、40Dナイロン素材と多層構造のTPU材を採用していて優れた耐久性と防水性があります。多少衝撃が加えられた程度では破れることがほとんどない上に水にも強く、誤って水をこぼしたり雨に濡れてもサッと拭き取るだけでOKです。


「枕一体型」である上に体圧を上手く分散させることができる効果も持っており、カラダに余計な負担をかけずに横になることができるので、寝る時も快適です。


またサイドには連結用のボタンが付いていて、同じモデルのものを連結することも可能。面積を簡単に広げられるため、家族や友達など複数人で一緒に使うときにとても便利です。

DOD テントマット MA3-661-GY

【Amazon】DOD テントマット MA3-661-GY(Amazon.co.jp)より


DODテントマットMA3-661-GYは、幅210cm×奥行210cm×厚さ6mmの3人用のキャンプ用マット。クッション性に優れている厚さ6mmのウレタンが入っていて、地面の凸凹の影響を軽減してくれます。


地面にたくさん小石があってもカラダが痛くなりにくいので、寝心地が良く、安心して休むことが可能です。


また付属品には専用のキャリーバッグが付いており、どこにでも簡単に持ち運ぶことができます。大きなハンドルがついているため手で持つだけではなく、肩にかけられる所もポイントですよ。

Kingcamp エアーマット ‎KM3538

【Amazon】Kingcamp エアーマット ‎KM3538(amazon.co.jp)より


Kingcamp エアーマット KM3538は「自動膨張式エアーマット」で、バルブを開けるだけで自動で空気が入る仕様になっています。


内側の素材にはひし形に打ち抜いた特殊ウレタンフォームを採用していて優れた弾力性があり、地面の凹凸の影響を防いでカラダをしっかりと支えることができます。


折りたたむと1人用・広げると2人用と2つの使い方ができるため、状況に応じて使い分けることが可能。専用のキャリーバッグがついていて収納・持ち運びもスムーズです。

WOLF WALKER 寝袋用マット

【Amazon】WOLF WALKER 寝袋用マット(amazon.co.jp)より


次にご紹介するWOLF WALKER 寝袋用マットは、幅56cm×奥行186cmのキャンプ用マット。


開いて展開するだけですぐに使うことができるため、女性やキャンプ初心者の人に特におすすめです。またカラダの大きさや使い方に合わせて、折りたたんでサイズを簡単に変えることができます。


IXPE素材とアルミフィルムを採用しており、地面からの熱気・冷気を遮断し、太陽の赤外線を跳ね返してカラダを温めることもできます。


キャンプ以外にピクニックや登山・ハイキング・花見など、多くのシーンでの使用が可能です。

SOHAPI アウトドアマット 軽量 1人用


SOHAPIアウトドアマットは、重量330gと軽量で、コンパクトなサイズのキャンプ用マットです。軽量&コンパクト設計のため、どこにでも簡単に持ち運ぶことが可能です。


マットの片面にはアルミ加工が施されており、熱を反射することができます。夏は熱気の侵入を防ぎ、冬はカラダを温めることができますよ。


防水仕様で丸洗いができるため、土などがついて汚れたとしても、水でザブザブと洗って常に清潔な状態を保つことが可能です。


無臭で抗菌性に優れており、菌の発生・繁殖を未然に防ぐことができるので、衛生面も安心ですね。

WAQ キャンプマット

【Amazon】WAQキャンプマット(amazon.co.jp)より


厚みが8cmある上に、内側の素材にひし形に打ち抜いた特殊ウレタンフォームを採用しているWAQキャンプマット


優れた弾力性がある点が特徴で、全身をしっかりと支えて睡眠時に疲れをしっかり取ることができます。地面の凸凹の影響をほとんど受けずに済むため、小石がある所でも使用が可能です。裏面には滑り止め加工が施されています。


「自動膨張型」なので、バルブを開くと約3分で自動で空気が入る設計になっています。自分で空気を入れる必要がなく、初心者さんでも扱いやすいですよ。

FIELDOOR ウルトラライト エアーマット

【Amazon】FIELDOORウルトラライト エアーマット(amazon.co.jp)より


リップストップ生地を採用し、さらに撥水加工とTPUコーティング加工も施されているFIELDOOR ウルトラライトエアーマット


耐久性や防水性、防汚性など機能性に優れており、破れにくく汚れも付きにくいため、過酷な環境下でも安定した力を発揮してくれます。


自動膨張型ではないですが、10回ほど息を吹きかけるだけで簡単に膨らむような設計になっています。バルブには逆止弁が付いているため、空気が漏れる心配もありません。


使用時のサイズは幅58cm×奥行190cmですが、収納時は直径10cm×22㎝までコンパクトになります。バッグにも入れやすく、ラクに持ち運びできますよ。

キャンプ用マットを使って快適にキャンプを楽しもう

「キャンプ用マット」を使えば、地面の凸凹の影響をなくして熱気・冷気の侵入を遮断し、テント内の環境を変えることが可能です。日中だけではなく寝るときにも良い影響をもたらすことができるため、キャンプ用マットの存在はとても大きいといえます。


キャンプに行きテントで過ごす際には、ぜひキャンプ用マットを使ってみてくださいね。

この記事をシェアする

Carstayメディア【VANLIFE JAPAN】編集部です。Carstayメンバーや、全国のバンライファーのみなさまからの寄稿記事をご紹介しています。

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device