あなたのキャンピングカーを登録して副収入を得ませんか?
世界で旅するように暮らす、20歳のWebエンジニア女子が選んだのはVANLIFEだった|岡島かりん
世界で旅するように暮らす、20歳のWebエンジニア女子が選んだのはVANLIFEだった|岡島かりん

世界で旅するように暮らす、20歳のWebエンジニア女子が選んだのはVANLIFEだった|岡島かりん

27才で車中泊旅を初体験、以降ハマる。Webマーケッター・ライターとして活躍し、"好きなときに、好きな場所で、旅するように暮らす"を目標に「VANガール」としてVANLIFEの魅力を発信中! Twitter: @VANGIRLJAPAN

VANLIFERS特集では、次世代のライフスタイル「VANLIFE(バンライフ)」を楽しむ、素敵な方々をご紹介します。今回は、20歳ながら海外でWebエンジニアとして働きながら各拠点を自由に旅する、岡島かりん(おかじま・かりん)さん。新しいライフスタイルを常にキャッチアップして、自ら実生活で実践しているかりんさんがバンライフに魅了される理由とは・・・?今、話題の人気ノマドワーカー、岡島かりんさんからバンライフの楽しみ方を迫っていきます。ぜひ、最後までご覧ください♪

「綺麗な夜空を見なければもったいない!」留学先の友人たちとのバンライフが始まり

普段は、どんなライフスタイル送られているのですか?

現在は、タイにてWebエンジニアとしてWebサイトの構築とデザイン、ディレクションといった仕事に従事しつつ、アドレスホッパーとしてはHafH(ハフ)というコリビングサービスを利用して、各拠点を自由に行き来しながら過ごしています。そして、長期間での移動するライフスタイルとして、バンライフをしています

 

エンジニアに目覚めたのは、2018年10月です。この頃から、独学で勉強しつつ、プログラミング講座に通ってスキルを育ててきました。プログラミングを習得している時にWebサイト制作やデザインすることに夢中になり、現在に至ります。

  

かりんさんのバンライフ歴と、バンライフを始めたキッカケを教えて下さい

私が始めてバンライフを経験したのは、2018年の9月でした。大学1年生のときアメリカの大学に留学したのですが、その際にセント・ヘレンズ山という山にハイキングをする行事があったのですが、「夜の美しい夜空を見なければもったいない!」と思って留学先の女友達と3人でバンライフを初体験したのがきっかけでした。

 

本場アメリカのバンライフを初めて体験できたときは、非日常感があってワクワクしたのを今も覚えています。密室空間での車中泊では、普段出来ない様な話もできてより友人たちとの絆も強まった気がします。元々、海外でアドレスホッパーとして各拠点を転々とするライフスタイルを送っていたのですが、車でもどこでも寝られるということを知った時は衝撃的でした。

 

確かに車中泊することで生まれる一体感ありますよね...!ちなみに、他にはどんな場所でバンライフを?

アメリカのワシントン州、オーストラリア、国内では出身地の北海道でバンライフを経験してきました。私は主に友人たちと複数人でワイワイバンライフを楽しむことが多いです。国内外のさまざまな場所でバンライフをする中で、一番思い出に残っているのは、北海道でのバンライフでの経験です。北海道では1週間近くバンライフをしましたが、千歳→帯広→摩周湖→屈斜路湖→網走→美幌→稚内→旭川→富良野→札幌→摩周湖と多くの場所を訪れました。


その中でも、最後に訪れた摩周湖が一番心に残っています。摩周湖の展望台からは、壮大な大自然の景色を眺めることができます。天気が良い時に訪れれば、時間を問わず美しい景色を見ることがでいます。昼は摩周湖の美しい青く透き通った水、夜はカメラマンも足繁なく通う満点の星空、朝は朝日と雲海を眺めることができます。都会では、想像もできない大自然を堪能できます。摩周湖周辺は、観光コンテンツも大変充実しているので、自然の景観以外にも観光者の心を鷲掴みにします。摩周周辺には、温泉地やアイヌ街もあるので、観光も楽しむことができます。



日本と海外でどちらもバンライフを経験したのですが、やっぱりバンライフは治安の良い日本のような国でないとなかなか難しいなと感じます。世界中でバンライフをすることに憧れもありますが、場所は慎重に選択していかなければと思っています。アメリカでバンライフする際には警戒心をMAXにして、ロックをかけるのは勿論のこと、なるべく安全な場所で車中泊する等の対策はしっかり行っていました。

お洒落空間を演出してバンライフのモチベーションアップ!

かりんさんのバンライフをする際のこだわりやルールを教えて下さい

車内をデコレーションしてお洒落な空間を演出する様にしています。100円均一やスーパー・IKEAから低価格で可愛い商品を事前に購入して、バンライフ時には持っていっています。デコレーショングッズでおすすめなのは、ライトと北欧系のラグです。ライトは暗い車内を明るくしてくれるので、写真撮影の時には写真映えします。北欧系のラグは一つあるだけで、かなりお洒落な雰囲気を演出することができるので1枚は持って置くと便利です。


私は、基本的にアドレスホッパーなので、手荷物は最小限なのですが、車内に飾り付けをするライトと三角形のオーナメントはいつも持ち歩いています
 
飾り付けをして、写真を撮ったものをInstagramでシェアするのも楽しいですよね。車をデコレーションする時は、海外のインスタグラマーからインスピレーションを得ています。個人的に、elisecookさんというオーストラリアの女性インスタグラマーのバンライフの世界観が好きで、よく彼女から車内のデザインのインスピレーションを得ています。旅をする時にはSNSも欠かせない存在で、行きたい場所はInstagram、情報はTwitterで情報収集しています。(かりんさんのTwitterはこちら

流石デジタルネイティブ世代!ちなみに、かりんさんはこれからVANで行ってみたい場所はありますか?

オーストラリアでバンライフしたときの様子!1週間で1500km移動したそうです...!

アメリカ横断やヨーロッパでのバンライフは経験してみたいですね。本当は、一昨年にアメリカ横断をする予定だったのですが、保険などの関係で参加できなかった経験があります。アメリカ横断するためにエッセイを書いて親を説得する位意気込んで準備していたので、大泣きした記憶があります。来年以降、絶対にリベンジしていきたいですね。海外でバンライファーとして旅をする際は、ハイエースなどの車を自分の好みのDIYできたらいいな!と妄想しています♪

バンのDIY良いですね!かりんさんの今後の野望についても伺っても良いですか?

まだまだバンライフ歴は浅いのですが、色んな場所や国でバンライフをデコレーションして、その土地の絶景や魅力を発信したいです。 バックパッカーとして旅することが多かったのですが、自分でドライブしてこそ見られる景色があるとわかったので、これからはそういったバンライフの魅力も伝えて行きたいです!
 

場所と時間を気にせず、自分のやりたいことを実現するために

最後に、かりんさんが実践されている、新しい旅・暮らし“VANLIFE” に興味を持つ読者のみなさまにメッセージをお願いします!

バンライフや車中泊を経験をしたことがある人はまだまだ多くはないので、「車の中で寝るの!?」と驚かれるのですが、実は車の中は快適なんだよ!ということを知って欲しいです。自分でカスタムすれば自分オリジナルの秘密基地の様な空間が生まれるので、若い女性にとっても楽しめる人は多いと思います。

私は現在、バンライフやアドレスホッパーといった形で、場所を問わずに生きるライフスタイルを送ってる中で、場所と時間を問わず、自分が本当にやりたいことに近づけるツールの一つがバンライフだと思います。バンライフを始めるのは一人でも、友人とでも、大切な人と一緒でもいいので、ぜひ多くの人と一緒にバンライフを楽しみたいなと願っています。

お話を伺った方:岡島かりん(おかじま・かりん)さんプロフィール

フリーランスWebエンジニア/デザイナーとして色んな国や場所を移動しながら仕事をする20歳。ノマドスタイル女子。

 

この記事をシェアする

27才で車中泊旅を初体験、以降ハマる。Webマーケッター・ライターとして活躍し、"好きなときに、好きな場所で、旅するように暮らす"を目標に「VANガール」としてVANLIFEの魅力を発信中! Twitter: @VANGIRLJAPAN

Icon

Carstayアプリを
無料ダウンロード!

Carstayアプリの
無料ダウンロードはこちら!

Icon
GooglePlay
Device